MF文庫J<br> 隣のキミであたまがいっぱい。〈2〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

MF文庫J
隣のキミであたまがいっぱい。〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 05時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040645889
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

他人の思考が読めてしまう――。煩わしいだけだったこの力だけど、あなたの気持ちはもっと知りたいって思っちゃうんです。

内容説明

「能力を阻害できる人間が、その能力を持った人間とキスをする」それが周囲の思考が聞こえてしまう私・如月那緒の煩わしい力を解決する方法だそうです。しかしこの方法も完璧ではなく、キスした相手の思考だけは聞こえるままらしく…。つまり北斗さんが私にキスしてくれれば、私は雑音から解放され、二人の関係も特別なまま。しかも北斗さんは合法的に私にキスが出来る。まったくもって何の問題もないですね。だというのに、北斗さんときたら「他の方法を探そう」とヘタレなことを。ここは告白して、そっとキスする場面だと思うのですが!早く告白してずっと隣にいてくださいね?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

37
周囲の思考が聞こえてしまう那緒の煩わしい力を解決する方法「能力を阻害できる人間が、その能力を持った人間とキスをする」。なのに北斗は「他の方法を探そう」とか言い出す第二弾。一石二鳥の解決方法を知って那緒はむしろノリノリなのに、ヘタレで向き合えない北斗。あんな特殊なコミュニケーションを受け入れて、かけがえのない存在になりつつあるのに...とツッコミを入れたくなるもどかしさでしたけど、あの普通に重い那緒の想いをしっかり受け止める甲斐性はあるんですよね…(苦笑)幸せそうな二人のやりとりが微笑ましくなる結末でした。2020/05/25

芳樹

31
他人の考えが聞こえてくるという那緒の能力を消す方法が判明した。「能力を阻害できる人間が、その能力を持った人間とキスをする」ことだ。「キスとか、しますか?」と積極的な那緒に対し、北斗は「他の方法を探そう」とヘタレてしまい…。じりじり焦れったいラブコメもハッピーエンディングを迎えました。付き合い始めてからの甘さ加減には、本当にごちそうさまという感じ。「二人は幸せなキスをして…」それはエピローグではなく、未来へのプロローグなのだ。二人の末永い幸せを祈るばかり。素敵な恋物語でした。2020/05/29

むっきゅー

29
他人の思考が読める如月さんと、その能力を阻害できる北斗くんのラブコメ第2巻。最初は如月さんの片思い状態だったのだが、鈍感な北斗くんが如月さんへの気持ちに気がついた瞬間、ただひたすら甘い物語に。如月さんに心が読まれてしまうので、告白どころの話ではなくなり、学校にいる間中、北斗くんの如月さんへの好きの気持ちがだだもれで、二人とも赤面しつつもイチャイチャしているだけ。ショートストーリーで構成されていることもあり、この二人の様々なイチャイチャシーンが楽しめる。何を読まされているのやら。2020/06/02

げんごろう

16
ますます距離が縮まった二人のやり取りを堪能させて頂きました。 ヘタレな北斗にヤキモキさせられましたが、それ以上に那緒が可愛かったので帳消しですね(笑) 個人的にはもう少し続きを読みたかったけど、これで完結なんですかね? ちょっぴりもどかしいけど、とても爽やかで素敵な恋物語でした。2020/05/30

真白優樹

14
那緒の煩わしい受信能力の解決方法が見つかる中、その方法に尻込みした北斗がへたれる今巻。―――あとは覚悟を決めるだけ、ずっとその想いを受け止めるならあと一歩。 乗り気で押せ押せな状態の那緒、悩み揺れる北斗。うだうだもだもだと揺れる二人が一歩踏み出し幸せを掴む、幸せそうな二人の様子に頬が緩む、独特な距離感の二人が甘々なやり取りを繰り広げるその様子に心に直撃を貰う、甘さ溢れる温かな巻である。辿り着いた場所にずっと入れると信じて。でも願わくばもう少しだけ二人を見ていたい。 どうかこの願い、叶うことを祈りたい。2020/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15721937

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。