MF comic essay<br> 消えたママ友

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

MF comic essay
消えたママ友

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月14日 03時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784040643175
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。
保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。

有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。
しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった・・・。

平凡な日常を襲った時間を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語。

【もくじ】
1章 消えたママ友
2章 有紀ちゃんを探せ
3章 本当のことなんて話したりしない
4章 ママ友がいない
5章 つないだ手
6章 本当の有紀ちゃん
7章 あの日

内容説明

ある日、仲良しのママ友有紀ちゃんが姿を消した。有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。しかし、みんなそれぞれ思い当たることがあった…。雑誌『レタスクラブ』連載で大反響を呼んだ話題作、描き下ろしを加えついに単行本化!!

目次

1章 消えたママ友
2章 有紀ちゃんをさがせ
3章 本当のことなんて話したりしない
4章 ママ友がいない
5章 つないだ手
6章 本当の有紀ちゃん
7章 あの日

著者等紹介

野原広子[ノハラヒロコ]
神奈川県生まれ。コミックエッセイプチ大賞受賞。出産を機に、フリーのイラストレーターとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

81
新刊。話題になっていたので気になって。うーん、独特なモヤモヤを残す読後感。登場するママさん4人、各々それぞれに子どもを大切に思ってはいるのだろうけどちょっとずつなかなかにアレな部分が。ママ友が必要かどうかとかの議論の前に、人としてどうなの…と思わされる点が見えて何度も首を捻った。ラストも救いなし。ただただツバサ君が壊れていくだけの未来しか見えない。有紀ちゃんも、本当にツバサ君を愛していたと思えない対応に感じる。泣 あとがき「ほんとはみんな有紀ちゃんになりたいのでは?」…全く思わなかったです…家族が大切。2020/08/25

キック

68
表題と帯で衝動買い。ママ達の孤独な子育ての今を活写。ママ友の一人である有紀ちゃんの失踪を機に、徐々に関係が悪化するママ友グループ。何の不自由もなく、幸せな家庭と思われていた有紀ちゃんの真実が徐々に明らかとなるにつれ、それぞれの心の闇が浮き彫りになっていきます。不穏なラストは何かの暗示でしょうか?私の幼少期は、幼稚園や学校に送り出したら放任で、親同士が情報交換している様子はなく、あの頃の方が平和だったのではないでしょうか。少子化、過保護、先生の信用低下、高学歴の親たち等々の環境変化が大きいのでしょうね。2021/05/16

ma-bo

62
野原さんの作品は以前に妻が口を聞いてくれませんを読んだ。今作は図書館の予約待ち数が中々のものだったな。我が家は3兄弟。各子毎に仲の良いママ友の存在を妻を通じてでしか分からないので軽々しく言える立場ではないのを承知だけど、妻は適度な距離感でママ友とお付き合いしてたのではないかと... 夫としては幼稚園や、小学校(役員的な事)でのママ友話を聞いてあげる事ぐらいしか出来なかった覚えが...作品の内容としては残された翼くんの心の闇が心配だな😢2022/03/26

ほんわか・かめ

41
ちょっとママ友を頼りすぎなんだよね、みんな。家庭のことなんてママ友にそんなに話さないし、自分もママ友のことをわかっているなんて思っちゃいけないよね。だってお互い明かしてないことのほうが断然多いもん。おばあちゃんになついてしまってる子が出てくるけど、この子の闇はなんかヤバかった。2021/07/27

アクビちゃん

37
【図書館】野原広子さんのコミックは、ママや主婦といった普通の人たちが主人公なので、とても身近に感じ、共感しやすく面白い。このコミックは、幼稚園のママさんたちが主人公。ママ友グールプって、当たり障りなく楽しく過ごしているけど、表面上だけだったりして、なんだか怖いよね!と、仲良いママ友と、言い合ったばかり。自分が抱えてる闇や悩み事を言い合えない関係性、それはそれで別に良いと思うし。ただ、意地悪な親の子は、勉強やスポーツが出来て先生受けが良くても、ほぼほぼ意地悪だよねー。2022/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15959984

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。