角川日本地名大辞典 〈23〉 愛知県

角川日本地名大辞典 〈23〉 愛知県

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 2078/高さ 24X17cm
  • 商品コード 9784040012308
  • NDC分類 291.033

内容説明

愛知県は、古来東西の接点として西の鼓動、東のうねりを取り込んできた。軍事上の拠点として、本曽川の戦・長篠の戦など、しばしば戦場となったが、その戦国の世に終止符をうち次代を拓いたのが信長・秀吉・家康であった。近世には、尾張は尾張藩の支配下に、三河は吉田藩・西尾藩・岡崎藩などの諸藩と旗本領・幕府領に細分化され、明治5年、現在の愛知県となるが、平野の尾張・山がちの三河が独自に育んできた歴史・文化・風土は、2万余の地名に凝縮され、それぞれの地名が“愛知の多様性”を立証してみせてくれる。