偕成社文庫<br> 流れる星は生きている (新版)

個数:

偕成社文庫
流れる星は生きている (新版)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月30日 07時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784038508202
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8323

出版社内容情報

1945年の敗戦とともに満州(現、中国東北部)から日本まで、3人の子をかかえて引き揚げた、著者の魂の記録。

内容説明

一九四五年、終戦。そのときを満州(現中国東北部)でむかえた著者は、三人の子をかかえ、日本までのはるかな道のりを歩みだす。かつて百万人が体験した満州引き揚げをひとりの女性の目からえがいた戦後の大ベストセラー。新装版にて待望の復刊!中学以上向き。

目次

涙の丘(駅までの四キロ;わかれ ほか)
教会のある町(丘の下へ;墓場からきた男 ほか)
三十八度線をめざして(親書の秘密;赤土のどろの中をもがく ほか)
魔王の声(うらみをこめた小石;議政府に到着 ほか)

著者等紹介

藤原てい[フジワラテイ]
1918年、長野県に生まれる。県立諏訪高等女学校卒業後、中央気象台勤務の藤原寛人(新田次郎)氏と結婚、夫とともに満州に渡る。1946年、帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃんみー

50
なんか凄いの読んじゃったな。中国(満州?)で終戦してから日本に帰れるまで一年以上もかかったんですね。乳飲み子をおぶり、まだ小さな上二人を叱り飛ばしながら歩き続けたシーンには泣けてきたよ。周りの人に助けられながら、または罵倒されながら生き抜いた人たちがいたことを多くの人(特にチャラチャラした若者)に知ってもらいたい。こんな過酷だったとは私も知らなかった。そしてやはり母は強し。2018/12/05

クロネコバス

32
満州引き揚げの私小説の中で一番広く知られている本書。幼子を3人連れての満州脱出記録。夫はソ連兵に連れて行かれ、子供は極度の栄養失調の上、病気にかかる、持ち金も底をつく。極め付けは徒歩と牛車での北緯38度線越え。日本人同士でも自分が生き延びる為ならなりふり構わず。また、そうでなければ生き抜けない。疑心暗鬼。幾度奇跡的に命がつながったか。私の祖父母は幸運にも早い時期に引き揚げ船に乗れて、父の上腕には腕時計が隠されていたと聞くと、私の存在も奇跡だと思う。著者の夫が若い頃によく読んでいた新田次郎氏とは!2022/11/06

かいゆう

32
満州引き揚げは3冊目。1945年8月9日。それまでの豊かで平穏な暮らしが一変する。夫と離れ、6歳と3歳の息子と生後1ヶ月の乳飲み子を連れてひたすら逃げる道のりは、想像に絶する。北緯38度線をなかなか越えられず、日本の地を踏むまでに一年以上もかかり、子どもたちも本当によく耐えたと思う。たくさんでは無いけれどお金を持っていて汽車や牛車に乗る事ができた事、途中足止めをくらっても身を置く場所があった事が、以前読んだ2冊と違うところ。中国人やソ連軍に襲われるような場面もなかったので、印象が随分違う。2016/01/14

山口透析鉄

26
当時通っていたロンドン日本人学校の図書室で本を借りて読みました。この本というよりは、同じ出版社の子ども向けシリーズ本の1冊だったと思います。 靴も脱げてしまい、足にめり込んだ小石を徐々していたら失神してしまったというエピソード等が強烈に残っていますね。 関東軍が真っ先に逃げ出したんで、軍隊って……と思います。 1982/10/02

ひ  ほ

26
壮絶過ぎて何も言うことができない。2020/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9766446
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。