白狐魔記 戦国の雲

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

白狐魔記 戦国の雲

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年01月17日 19時57分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 361p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784037442408
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

人間の生きざまに興味をしめした一匹のキツネが、仙人のもとで修行、数かずの術と共に不老不死と人間に化ける術も習得。白狐魔丸という仙人ギツネとして生まれかわる。このキツネが、日本史上の大きな事件や英雄たちと遭遇し、人間がなぜ人間同士殺しあうのかという疑問の答えを探し、時を旅する大河タイムファンタジー。小学校高学年から。

著者等紹介

斉藤洋[サイトウヒロシ]
1952年、東京都小岩に生まれる。中央大学大学院文学研究科修了。亜細亜大学教授。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社新人賞を受賞。その続編の『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞を受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さつき

78
今回は戦国時代。白狐魔丸は雅姫に連れられて信長に会うことになります。長い年月が過ぎても、以前の恋人の面影を追い求めてしまう雅姫の気持ちはよくわかる。復讐に夢中の時は過ぎて、心に隙間風が吹いているのかな?と思うと彼女が可哀想になります。反対に白狐魔丸の気持ちは依然として掴みつらいです。誰に肩入れするわけでもなく、歴史の流れを見守り続ける様子を見ると彼自身が仙人になってきたような…2020/09/09

わっぱっぱ

34
不思議だな。きつねと一緒に歴史を見つめてみると、戦国が過去のものとは思えない。私たち今も似たようなことやってるし、信長の残忍さも、通じてるところあるよなと。起きた事実そのものよりも、そこに至るまでの人間の機微を全体から(色んな立場から)均しく見ているからか。きつねよ、愛想尽かさんでね。そうは見えないかもしれないけど、我々、これでも明日を良くしよう、よく生きようとしてるんだよ。そして仙人さま何処。早く帰ってきてきつねに笑いかけて下され。2017/11/13

ヤマセミ

22
戦が嫌いなのに、京が好き。不動丸が、歴史の動きが気になるで、ついつい人間の歴史に寄り添ってしまう白狐魔丸。人がいいというか狐がいいというか。無意識のうちに魂憑依の神通力を身に着けてパワーアップ。分厚い児童書でしかも歴史ものというのに、まったく飽きさせず読み終えた。次作も楽しみ。2016/09/11

みーまりぽん

19
楠木正成との別れからおよそ230年ののち、15代にわたった足利将軍の世もついに終わりを迎える。足利家への復讐を終えた雅姫に誘われて、白狐魔丸は織田信長という男を見に岐阜へと向かう。 ・・・というわけで、今回の舞台は「ルドルフとイッパイアッテナ」でもおなじみ(?)の岐阜の町。自分が子どもの頃を過ごした場所が舞台というだけで嬉しいような心持ちになるのはなんなんでしょうかね。 あと、善住坊のエピソードが出てくると川谷拓三さんを、ついでに根津さんを思い出してしまいます。当時は親と一緒になって結構大河ドラマ観てた。2015/01/10

いろは

17
【市立図書館】白狐魔丸がかっこかわいいシリーズ。魂憑依を経てさらに力をつけた白狐魔丸。人間から狐へ戻ると、体も以前より大きく、毛色は白くなった。にもかかわらず不思議そうに首をかしげる癖は変わらないところがかわいい。信長のことは好きではないのでふーん、て感じで読んでしまったけど、不動丸はよかった。白狐魔丸との関係を妄想して、ちょっと萌えてしまった(笑)2018/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560408

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。