声の森

個数:

声の森

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 11時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784030164208
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

声の森という、ふしぎな森がありました。この森にまよいこんだ動物はどんな動物も、いくつものこだまにおびえ森のなかでちからつきてしまうのでした。ところがこのおそろしい森からちゃんとかえってきた小さな女の子がいました。これはゆうかんでやさしい女の子つぼみちゃんのおはなしです。5歳から大人まで。

著者等紹介

安房直子[アワナオコ]
1943年、東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白兒童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表するが、1993年永眠。「さんしょっ子」第3回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』第19回サンケイ児童出版文化賞推薦、『風と木の歌』第22回小学館文学賞、『遠い野ばらの村』第20会野間児童文芸賞、『山の童話風のローラースケート』第3回新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで―小夜の物語』ひろすけ童話賞、赤い鳥文学賞特別賞等を受賞

ひろかわさえこ[ヒロカワサエコ]
1953年、北海道小樽市に生まれる。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

24
この森に入って帰ってきた者はいないと言われる声の森。不気味なお話ですが、女の子の絵と展開がファンタジーで、いまいち入り込めませんでした。2016/10/04

浅葱@

23
外国の童話だと継母や王女が出てきそうな話をすっきりと結末にいける感じ。さすが安房直子さんの文章!これなら、怖がりの子でもゆっくり見られるのかも。ただ女の子の表情がはっきりし過ぎで浮いているのは残念。それと、カバー見返しにあらすじがあるのも私は好きじゃないです。あくまでも好みの問題なのですが。2013/07/15

anne@灯れ松明の火

18
ひろかわさえこさん講演会予習。不思議な、怖いお話。あまり好みではなかった。2019/01/16

花林糖

17
表紙の雰囲気とは違い不気味さのあるお話でした。声の森ではなく怖い森ですね。お話は好みだけど女の子の表情(顔)が少し残念。一晩子供が帰らなくても心配しない両親が一番不気味なのでは、と思いました。2016/01/11

ケニオミ

9
一度入ると二度と抜け出すことができない森。そんな森が家の近くにあり、主人公の女の子は雄鶏を追って森の中に足を踏み入れます。着想はいいんだけど、あまりにストレートなお話で、もう少しひねりがあればよかったかと。抜け出せた理由にはなるほどとは思いましたが・・・。2014/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1283636

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。