炎上とクチコミの経済学

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

炎上とクチコミの経済学

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784023317062
  • NDC分類 336.57
  • Cコード C0034

出版社内容情報

【社会科学/経営】ネット炎上の参加者は、ネット利用者の約0.5%にすぎない! これまで現場の先入観や経験則だけで判断されてきたウェブでの情報拡散について、科学調査(計量経済学)に基づく知識とノウハウを教える。仕事でウェブに関わる人は必読!

山口真一[ヤマグチシンイチ]
著・文・その他

内容説明

科学的データが常識を覆す。炎上も、クチコミも科学的に見れば、「情報拡散」という同じ現象の表と裏なのである。炎上を過度に恐れずに、ビジネスでソーシャルメディアを最大活用する方法!完全炎上対策マニュアル付き。

目次

第1章 一億総メディア時代の経済的インパクト(企業と消費者の新しい関係;発信するために消費する人たち―インスタ映え ほか)
第2章 ソーシャルメディアとクチコミの基礎知識(ソーシャルメディアをビジネスに活用する;「愛されアカウント」が愛される理由 ほか)
第3章 炎上とクチコミの間違った常識(Q:ネット炎上は「多数者の怒り」? A:参加者は0・5%;Q:ネットのクチコミは多くの利用者の意見? A:投稿者はそれほど多くない ほか)
第4章 完全炎上対策マニュアル(予防マニュアル;対処マニュアル)
第5章 ネット社会はこれからどうなっていくのか(フェイクニュースの拡散;ネットはもうどうしようもないのか ほか)

著者等紹介

山口真一[ヤマグチシンイチ]
1986年生まれ。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師。2010年慶應義塾大学経済学部卒、2015年同大学経済学研究科で博士号(経済学)を取得し、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教を経て、2016年より現職。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、フリービジネス、プラットフォーム戦略等。テレビ・ラジオ番組にも多数出演。組織学会高宮賞受賞(2017年)、情報通信学会論文賞受賞(2017年)、電気通信普及財団賞受賞(2018年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なかしー

48
SNSをよく使う身として一番関わりになりたくないことといえば何を浮かべるでしょうか? 「炎上」と答える方も多いのではないでしょうか? 本書によれば年間1000件以上の炎上が起こっているんです。 それを聞くと「もしかして明日は我が身…」なんて心配になりますよね?私もそう思っていました。 そうは思いつつ、現代社会で生きて行く中ではインターネットやSNSは欠かせないものとなってきたのも事実です。 これらのツールを上手くお付き合いしていくにはどうしたら良いのか? そう考えた時にこの本を読んで頂くと炎上に2019/11/14

ちさと

24
一億総メディア時代の問題「炎上」&表裏一体にある「クチコミ」について定量的な分析をお届けする本。実態はネット上には極端な意見があまりにも過剰に表出していて、アンバランスな言論空間が形成されている。それでも適切に向き合いながらソーシャルメディアを活用する価値はとても大きいという結論。SNSでの発言を集めたものとネット世論を比べると、全く逆の結果が出ることもあるという。ネットはもうどうしようもないのか?黎明期を超えると変わっていくのでしょうか。2018/11/17

hk

19
情報革命以前においては企業発マスメディア経由の広告とCMによって世論が形成されており、企業にとって都合の悪い真実が表に出ることはまずなかった。だが情報革命によって消費者がソーシャルメディアで意見を表明することが可能になり事態は一転。今や消費者のネット投稿を視野に入れた製品づくりが焦眉の急だ。そしてこのソーシャルメディア時代の産物が「炎上」である。「炎上」とは個人ないし組織の言動に対し、不特定多数の批判や罵詈雑言が殺到している状態をさす。本書はこの「炎上」を主題に据え、定量統計分析を交えて考察していく。 2018/10/26

乱読家 護る会支持!

6
会社のリスクマネジメントとしてネットの炎上を考えないといけなくなったようです。 消費者、怖い!! ((((;゚Д゚))))))) ネットに繋げれる環境さえあれば、誰でも情報発信が出来る「一億総メディア社会」。統計データにより口コミと炎上の実態を明らかにし、炎上への具体的な予防・対処方法を提示する。。。 口コミは市場全体の消費額を年間1兆円以上押し上げる。炎上は年間1000件以上。炎上による株価下落は、工場爆破なみ。炎上の参加者は、高所得者に多い。炎上の動機は、「正義感」から。。。。 2018/12/28

ダンボー1号

6
炎上に加担したことは一切なく「考え」は書いても「感情」は書かないようにしている自分だが炎上の現象には興味はある。 炎上に加担する人は実際のごく少ないマイノリティが何十百と書き込んでいる。よく言われることだが それでも企業は対応しなければいけない。コストなくPRできる反面一歩間違えれば」株価にも影響する。そういう時代なのだな。2018/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12962044

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。