朝日新書<br> 男はなぜこんなに苦しいのか

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
男はなぜこんなに苦しいのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 20時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736499
  • NDC分類 493.49

内容説明

居場所を失った男たちが、直面している危機。筆者のもとに訪れる、心の不調を訴える男性たち。それなりに充実した毎日を送ってきた彼らが、突然何に苦しめられているのか。そこには「アイデンティティーの危機」という根深い問題が潜んでいた。誰もが傷ついている世の中で、回復力を身につけ、ストレスに強い自分になるための方法。

目次

第1章 「男らしさ」という病
第2章 変化する時代と「評価」に苦しむ男たち
第3章 上司と部下の難しい関係
第4章 「自分はこのまま終わってしまうのか?」という苦悩
第5章 結婚は幸せか、人生の墓場か
第6章 何が彼を絶望から救ったのか?
終章 結局ストレスはどうしたら消えるのか?

著者紹介

海原純子[ウミハラジュンコ]
医学博士、心療内科医、産業医。東京慈恵会医科大学卒業。同大講師を経て1984年、東京に全国初の女性クリニックを開設、2007年までストレス性疾患の女性の診療を行う。2007~2013年厚生労働省健康大使、2008~2010年ハーバード大学客員研究員。現在日本医学大学特任教授、および昭和女子大学客員教授。2013~2014年復興庁心の健康サポート事業統括責任者を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】著者のもとには多くの心の不調を訴える男性がやってくる。会社でゴミ扱いされアルコール依存症になってしまった人、勤務評価の会議が苦痛でうつになった人……。男性特有の思考の問題点をあぶり出し、楽になるためのヒントを提案。