朝日新書<br> この国の冷たさの正体―一億総「自己責任」時代を生き抜く

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
この国の冷たさの正体―一億総「自己責任」時代を生き抜く

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 187p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736482
  • NDC分類 304

内容説明

ネット私刑、いじめ、生活保護バッシング、テロ犠牲者に「国に迷惑をかけるな」―。なぜ日本人は、ここまで冷たくなったのか。個人、会社、国家、どの位相でもインチキな自己責任の論理が幅を利かせている日本。「自由」よりも強者の下で威張ることを好み、「平等」よりも水に落ちた犬をぶっ叩く。わたしたちを取り巻く病理を徹底解剖。

目次

第1章 「国に迷惑をかけるな」の異常さ(誰かを蹴落とさないと自分が蹴落とされる社会;新幹線放火事件のやるせなさ ほか)
第2章 人の弱みを食い物にするやつら(社会不安を背景に拡大する依存症ビジネス;ネットゲームの依存性の怖さ ほか)
第3章 何があっても自分を責めるな(自己関連づけを止める;「かくあるべし」思考から脱却する ほか)
第4章 自分の人生まで冷たくしないために(強い者になびくスクールカースト世代;競争原理をなくすことで、個性を潰す日本の教育 ほか)

著者紹介

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、精神科医。和田秀樹こころと体のクリニック院長、緑鐵受験指導ゼミナール代表。国際医療福祉大学大学院教授。メンタルケアに関する著書多数。受験・教育の論客として知られ、社会評論にも定評がある。映画監督としても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】なぜこの国はかくも殺伐としているのか?個人、組織、そして国家、どの位相でもいびつな「自己責任」の論理が幅を利かせる。「自由」よりも強者の下で威張ることをえらび、「平等」より水に落ちた犬を叩く。私たちを取り巻く病理を全解剖。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件