朝日新書<br> 人生の“逃げ場”―会社だけの生活に行き詰まっている人へ

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

朝日新書
人生の“逃げ場”―会社だけの生活に行き詰まっている人へ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年03月23日 20時07分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736130
  • NDC分類 159

内容説明

会社にさえ行けば幸せになれるという「会社一神教」は既に崩壊している。にもかかわらず、他の価値観・生き方を見つけられない日本人―。一度きりの、ほかならぬ「私の人生」を本当に充実させるためには、“逃げる”ことも一つの方法。上田教授が説く、正しい逃げ方と新しい生き方。

目次

第1章 私たちはなぜこんなに生きにくいのか
第2章 「できる人」より、「魅力的な人」になる
第3章 勇気を持って休む。すると見えてくることがある
第4章 過去の記憶が、自分を助けてくれることもある
第5章 子どもが「私」と「社会」をつなげる
第6章 共同体のしがらみをあえて引き受ける
第7章 絶対肯定できるものを見つけると、人の心は安定する
第8章 人生最後の20年を価値のあるものにする
終章 私たちの人生を、誰のものでもない私自身のものにするため

著者紹介

上田紀行[ウエダノリユキ]
文化人類学者。東京工業大学リベラルアーツセンター教授。1958年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程修了。86年よりスリランカで「悪魔祓い」のフィールドワークを行い、その後「癒し」の観点を最も早くから提示して注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】会社に人生のほとんどを捧げる「会社単線社会」は不況や成果主義によって終わりを迎えつつあるが、現実には会社以外に居場所がない人が多い。しかし、それでは会社でうまくいかなくなると、人生までダメになってしまう。会社以外に「逃げ場」を作り、自分の人生を生き直す方法を考える。