• ポイントキャンペーン

朝日新書
就職に強い大学・学部―偏差値・知名度ではわからない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734402
  • NDC分類 377.21

内容説明

学歴差別は、就活において最大のタブーのひとつ。本音とタテマエが違うことは、誰もがわかっているのに、ふれようとしない。本書は、そこにあえて切り込み、「就職に強い大学・学部とは何か?」の本質に迫る!偏差値や知名度だけで大学を選んで後悔しないために。就活時期を迎えた大学生は、赤裸々な現実を見つめるために。受験生、保護者、就活生、学校関係者も必読の書。

目次

1章 就職氷河期と就職差別の構造
2章 実際、「大学」でどう差別されているのか?
3章 やっぱりある「学部別」の差別の真相
4章 見えにくい「女子」の就職差別を暴く
5章 大学の「就職率」は信じられるのか?
6章 東大秋入学―そして「日本人差別」が始まる

著者紹介

海老原嗣生[エビハラツグオ]
1964年生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエージェント入社。人事制度設計などに携わった後、リクルートワークス研究所へ出向、「Works」編集長に。現在、(株)ニッチモ代表取締役。人事・経営誌「HRmics」の編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/教育】早慶ですら大手金融関係内定者のうち文学部が占める割合は1%。そんな残酷な数字が出るくらい学部差別は大きい。大学全入時代、大学名だけでなく学部、性別まで考慮して就職力を測らねばならない。あらゆるデータを基に最新の就職力を徹底比較!