朝日新書<br> 親鸞 いまを生きる

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

朝日新書
親鸞 いまを生きる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734259
  • NDC分類 188.72

内容説明

わが身の愚かしさ、罪深さを悩みぬき、大きな「はたらき」に生かされていることに気づく―。七五〇年の時空を超えて、いまに生きる“親鸞”。政治学者で『悩む力』の著者、姜尚中氏、精神世界に深い関心をもつ作家、田口ランディ氏、親鸞仏教センターの本多弘之所長の3人が、自らの経験に根ざし、その思想を縦横に語る。

目次

第1章 「悩む力」と親鸞(仏教が大衆をつかんだ時代;悩むということ ほか)
第2章 自分を見据え、救済を信じる(九歳で出家;二十年間の修行ののちに ほか)
第3章 いま、ここにいる自分を全肯定できた瞬間(自己肯定感の持てない若者たち;マニュアル化される子育てのなかで ほか)
第4章 道ありと信ず(「自分から」ではなく;南無阿弥陀仏の意味 ほか)
最終章 3.11東日本大震災を乗り越えて(私たちは何を忘れてきたのか;「せつない」問いを真実に「聴く」者は ほか)

著者紹介

姜尚中[カンサンジュン]
政治学者。1950年、熊本市生まれ。東京大学大学院情報学環教授

田口ランディ[タグチランディ]
作家、エッセイスト。1959年、東京生まれ

本多弘之[ホンダヒロユキ]
親鸞仏教センター所長。1938年、中国黒龍江省生まれ。真宗大谷派本龍寺住職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)