ビッグコミックスペリオール<br> AZUMI-あずみー 〈18〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックスペリオール
AZUMI-あずみー 〈18〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 172p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861689
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

女剣士・あずみの物語、ついに最終集!!

岩倉具視と大久保利通から竜馬暗殺の脅迫を受け、苦悶するあずみ。
一方あずみを剣で負かした刺客・壮太もまた、親友を喪い、この先の道を模索していた。倒幕派と幕府側が一触即発という混迷する時代の中で、歴史的事件、『竜馬暗殺』の瞬間は刻一刻と近づく…果たして、あずみは竜馬を暗殺するのか!?そしてその先にある結末は…!?大人気作品、ついに感動のフィナーレ!!

【編集担当からのおすすめ情報】
前作『あずみ』から、幕末に舞台を変えた『AZUMI』という作品がスタートし、このたびついにラストを迎えました!
時代に翻弄されながらも、激しく駆け抜ける希代の女刺客・あずみの生き様、その集大成となった最終集!!絶対必読です!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

12
小山ゆうが『あずみ』を幕末を舞台にもう一度描こうとした目的のひとつは、『あずみ』と『お~い!竜馬』との融合があったのだろう。だとすれば、『AZUMI』の最終巻に竜馬暗殺は避けられない。小山は、『お~い!竜馬』で描いた暗殺シーンを模倣しながらも、そこにあずみの存在を絡め、さらに『お~い!竜馬』ではぼかされていた暗殺犯もはっきりと登場させている。竜馬の死と共に激動の幕末は終わり、文明開化の明治が訪れる。そこにあずみの姿はない。いや、ないかのように見える。(つづく)2014/05/01

Dai(ダイ)

10
「あずみ 」を未完にしてまで書き上げたかった結末がこれでは竜頭蛇尾としか思えない。2019/02/06

sidebell(=^□-□^)ノシ←横鈴

10
最終巻読んだけど 坂本竜馬暗殺事件を絡めただけだった あずみの無情を感じて終わり また続編出るかな2014/06/14

ちー子

6
前作と同じように「結局あずみはどうなったの?」というところで終っています。あずみと竜馬の絡みが書きたかったためだけにあずみの続編を描いたって感じですかね。編集部の要望もあったかもしれませんが。できればもう少ししっかりとした終わり方を描いてほしかったです。前作の「あずみ」は本当に面白いと思っていただけに残念な終わり方でした。2014/08/03

カモミール

5
竜馬が暗殺されるのは避けられないけれど、あずみの愛する家族3人とお駒ちゃんが無事でよかった。凄腕の刺客、壮太と決着をつけあずみは何処へ。これで完結なんですね。あっけない最後で残念。2014/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8004470

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。