朝日新書<br> 平常心のレッスン

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
平常心のレッスン

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2016年12月03日 11時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 228p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734181
  • NDC分類 188.74

内容説明

プライド(慢)、支配欲、快楽への欲求、そして「死にたくない」という思い―。自分のあるがままの心を見つめ、受け容れていくと楽になる。心を苦しめるものの正体を知り、平常心を身につけるための実践的な方法をやさしく説く。

目次

1章 なぜ、平常心でいられないのか?―「プライド=慢」とのつき合い方(「平常心」から連想する言葉;「執着する」ということ ほか)
2章 なぜ、人を嫌いになるのか?―仕事、友人、家族との疲れないつき合い方(そもそもなぜ「好き」「嫌い」という感情があるのか?;「支配欲」があるから、平常心でいられない ほか)
3章 喜怒哀楽を、お釈迦さまはどう教えているか―仏道式・感情コントロール(喜怒哀楽は、良いことか、悪いことか;好き/嫌いのシステムで、うまく生きることは難しい ほか)
4章 生老病死に平常心で臨む―死を受け容れるレッスン(お釈迦さまの最初の説法;求不得苦―求めて得られない苦しみ ほか)
5章 平常心を身につけるための日々の習慣―焦らず、諦めず(「こうしなければならない」という状態から解放する;瞑想する時間 ほか)

著者紹介

小池龍之介[コイケリュウノスケ]
1978年、山口県生まれ。月読寺住職、正現寺住職。東京大学教養学部卒。2003年、ウェブサイト「家出空間」を立ち上げ、正現寺(山口県)と月読寺(東京・世田谷)を往復しながら、自身の修行と一般向けに瞑想指導を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)