• ポイントキャンペーン

朝日新書
やる気を引き出す会話のマジック―NLPコミュニケーション入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732989
  • NDC分類 809.4

内容説明

何度も謝っているのに許してくれない客、いつも欠点をあげてダメ出しする上司、なかなかやる気を出してくれない部下…。どう説得すれば理解してくれるでしょうか。どんな言葉がけをすれば意欲を出してくれる?NLPの理論に基づく会話術を知れば、あなたは必ずコミュニケーション上手に。

目次

第1章 やる気はあるのに伝わらない、どうして?気持ちを受け取り、安心させる会話(「申し訳ありません!しばらくお待ちを…」突然のクレームにも動じない!―まず相手のメッセージを受け取る;「もう二度とこんなミスはしません」反省だけではもったいない―改善点は未来をつくる好材料 ほか)
第2章 それでもやる気を引き出す!不安をぬぐい去り、希望をみせる会話(仕事を頼むたびに、「できません」…「それは無理です」と言われたら…―不可能を可能にする会話;「ちょっと見るだけ」のつもりだったのに…「押し付けられた」と感じてしまうとき―やる気のカラ回り ほか)
第3章 あの人との関係を深める!心を読み解き、心通う会話をつくる(あなたが“海外旅行”と聞いて連想するのは?タイプを知るとあの人がわかる―話が「見える」とは?;お客に気づかずおしゃべりする店員たち 気配りできる人、気が利かない人―目を配る・気を配る ほか)
第4章 会話が変わると気持ちも変わる!気持ちを奮い立たせる会話(なかなかアイデアが出ずに悩む古谷さんは…画期的なアイデアを生み出すには?―枠をぶちこわせ!;「今は忙しいから」が口癖の山中さんですが…見通しの良い会話、悪い会話―建設的な発想で計画する ほか)
第5章 イライラ、ストレスと上手に付き合う!心をマネジメントし、気持ちが楽になる会話(設備の不備について聞かれた水野さんは、どぎまぎして…かみ合わない会話がつくるストレスとは?―会話の目的を確認する;会社を休んでしまった藤田さんは、布団の中で…ストレスからのメッセージ―内的会話 ほか)

著者紹介

千葉英介[チバエイスケ]
ピークス・コンサルティング代表。1962年東京都生まれ。米大学院で国際経営学を修め、95年から日米でNLPを研究。戦略的コミュニケーションを活かした経営指南、組織活性トレーニングを行うほか、心を通わす会話の力で潜在能力を引出すコミュニケーションの「場=ライブ」を全国で展開中

にしかわたく[ニシカワタク]
漫画家、イラストレーター。1969年長崎生まれ。ちばてつや賞、アフタヌーン四季賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)