朝日新書<br> 自衛隊が愛される条件

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
自衛隊が愛される条件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732293
  • NDC分類 392.1

内容説明

戦後、日本が軍事力を行使しなかったのは貴重な「外交資産」だ。この「宝」をどう生かすのか?!国際社会は日本に何を求めているのか?日本は世界に向けて何ができるのか?日本が進むべき道を示し、さらに、全世界から紛争や貧困、病気などの恐怖をなくすための「人間の安全保障」を分かりやすく解説する。

目次

第1章 戦争違法化の中で(意志貫徹の最終手段としての戦争;国連憲章における戦争の違法化 ほか)
第2章 自衛隊の行方(自衛隊の創設に至る道;防衛出動とは何か ほか)
第3章 「ハード・パワー」と「ソフト・パワー」(現代戦の犠牲者と日本の安全保障論議;国家における「ハード・パワー」と「ソフト・パワー」 ほか)
第4章 戦争の経済学(戦争の対費用効果;なぜテロリズムは蔓延するのか ほか)
第5章 「人間の安全保障」を考える(「国家の安全保障」から「人間の安全保障」へ;「人間の安全保障」と「民主主義」 ほか)

著者紹介

小池政行[コイケマサユキ]
1951年、東京生まれ。77年、外務省入省。主にフィンランドなど北欧を担当。94年に退職し、日本赤十字社国際部参事に就く。2001年より日本赤十字看護大学教授。専攻は国際人道法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)