朝日新書<br> 東京裁判の教訓

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
東京裁判の教訓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 277p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732200
  • NDC分類 329.67

内容説明

東京裁判(極東国際軍事裁判)とは何だったのか!?勝者による「復讐裁判」と片づけてよいのか?史実から目を背けるのは「逃避」である。壮大なる歴史ドラマに隠された数多くの教訓を、どう受け止め、どう伝えるか!?新史料を得て世に問う、保阪正康流理性史観。

目次

序章 昭和史清算のひとつの形
第1章 裁判の全体図―可視と不可視の部分
第2章 裁いた側の論理と歴史的責任
第3章 裁かれた側の弁明とその義務
第4章 判決のもつ意味と戦後社会
終章 六十年目の東京裁判、歴史への道

著者紹介

保阪正康[ホサカマサヤス]
1939年北海道生まれ。同志社大学文学部社会学科卒。ノンフィクション作家・評論家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。『昭和史講座』を始め一連の昭和史研究で第52回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「デス・バイ・ハンギング」――。東京裁判(極東国際軍事裁判)でA級戦犯7名に絞首刑判決が下ってから60年。昭和史研究の第一人者が新資料を得て、その歴史的意義を見つめなおす。次世代の日本人が学ぶべきは何か? 好評『昭和史の教訓』に続く問題作。