朝日新書<br> キレる大人はなぜ増えた

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
キレる大人はなぜ増えた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731906
  • NDC分類 493.7

内容説明

駅や病院など公共の場で暴れる人、対応が悪いとトップに直訴する人、なにがなんでも自分だけが正しいと思い込む人…。いつから、どこから、日本人は、こんなにもキレやすくなったのか。希代の「世相ウオッチャー」である精神科医が、臨床での経験をもとに現代社会の病理を読み解き、キレないための処方箋を示す。

目次

第1章 見て見ぬふりをしない人
第2章 泣き寝入りをしない人
第3章 「それでも私は正しい」人
第4章 いきなりトップにメールする人
第5章 昔の怒りを抑えられない人
第6章 ネット上だけ「正義の人」
第7章 キレる脳のメカニズム
第8章 キレなければ生き残れない社会とは
第9章 キレないための処方箋

著者紹介

香山リカ[カヤマリカ]
精神科医、帝塚山学院大人間文化学部教授。1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。臨床経験を生かして新聞、雑誌で社会批評、文化批評,書評を手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。専門は精神病理学だが、サブカルチャーにも関心を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

駅や病院、学校、飲食店で増殖中のクレーマー、モンスターペアレント、暴走老人、ウェブ炎上……。公共の場で居丈高に振る舞い「自分は正しい」と思い込む、いい年をした大人たち。キレる大人が増えた背後にある病理を診断、処方箋を示す。