朝日新書<br> リバタリアン宣言

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
リバタリアン宣言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 228p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731326
  • NDC分類 309.1

内容説明

「国がそこまで口出しするなよ」「そんなの個人の自由に任せればいいの」一日に3回以上、そう考えるあなたは、リバタリアンの素質、十分である。日米の勝ち組エリートの多くが、実は密かに支持する「リバタリアニズム」。その実像を、気鋭の学究が懇切丁寧に解説。

目次

1 日本の政治の現状とリバタリアニズム(小泉構造改革の勝利とリバタリアン;「小さな政府論」の背後にあるもの ほか)
2 リバタリアンな社会とは(現代国家の役割;古典的リベラリズムの変質 ほか)
3 リバタリアンの倫理(リバタリアンは身勝手な人たちなのか?;慈善活動は自発的に ほか)
4 国家の起源とアナーキズム(ダーウィン以前の社会哲学の曖昧な前提;ではいったい利他性はどこからくるのか? ほか)
5 社会契約説を再考する(税を払わない永遠の旅行者;日本の財政破綻で日本脱出 ほか)

著者紹介

蔵研也[クラケンヤ]
経済学者。1966年富山県生まれ。東京大学法学部卒業。カリフォルニア大学サンディエゴ校Ph.D(Economics)取得。名古屋商科大学商学部専任講師をへて、98年から岐阜聖徳学園大学経済情報学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

いま日本の一部ビジネスエリートや高学歴層のなかで、極小の国家と最大の自由を目指す人びとが、確実に増えている。その名は「リバタリアン」。「日本史より世界史を教えろ」「福祉は国による強奪である」などの主張の背後には、人間の欲望への深遠な洞察と、自由への限りない憧れがある。「リバタリアン」の思想を理解してこそ、日本の将来が浮かび上がる。「リバタリアン」への格好の入門書。