朝日文庫<br> ゴースト

個数:
電子版価格 ¥669
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日文庫
ゴースト

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年06月26日 20時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022649751
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

温かい気持ちになったあとに、思わず涙があふれてしまう。――風格のある原宿の洋館はGHQの接収住宅でもあった。そこに小さな女の子はなぜ出没するのか?戦時中、「踏めよ 殖やせよ」と大活躍し焼夷弾をあびながらも生き延びたミシンの数奇な運命とは?少しぼけた仙太郎おじいちゃんが繰り返す、「リョーユー」という言葉の真意は孫娘に届くのか?おさるのジョージの作者たちは難民キャンプで何をしていたのか?やわらかいユーモアと時代の底をよみとるセンスで、7つの幽霊を現代に蘇生させる連作集。【目次】第一話 原宿の家第二話 ミシンの履歴第三話 きららの紙飛行機第四話 亡霊たち第五話 キャンプ第六話 廃墟第七話 ゴーストライター

内容説明

風格のある原宿の洋館に出没する少女、激動の20世紀を生き抜いたミシン、少しぼけた曽祖父が繰り返す「リョウユー」の言葉…。多彩な切り口で戦禍の記憶を現代に蘇らせる、ユーモラスで温かくてどこか切ない7つの幽霊連作集。

著者等紹介

中島京子[ナカジマキョウコ]
1964年東京都生まれ。作家。東京女子大学文理学部史学科卒。出版社勤務を経て、96年にインターンシップ・プログラムスで渡米。帰国後、フリーライターとなる。2003年『FUTON』で小説家としてデビュー。10年『小さいおうち』で直木賞、15年『かたづの!』で河合隼雄物語賞、柴田錬三郎賞、歴史時代作家クラブ賞、同年『長いお別れ』で中央公論文芸賞、16年日本医療小説大賞、20年『夢見る帝国図書館』で紫式部文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

401
7話からなる連作短篇集。主人公も舞台設定もそれぞれに異なるが、「ゴースト」が全体を貫流する。そうは言っても、いわゆるホラーからはほど遠い。ゴーストたちの様態は色々であるけれど、そこに共通してみられるのは「喪失」である。彼らが此岸に残すのは怨念ではない。むしろ、儚く消えて行きそうな、かそけき想いである。それらが、生ける者たちとのたまさかの接点において慎ましく浮かび上がってくる。哀しみ、あるいは寂しさを織り込んでゆくかのような感情が私たちの内に波立つ。小説を読む喜びに震える時間がそこにある。推薦!2021/11/15

エドワード

48
みな戦争とつながっている、七編の幽霊話。いかにも神宮前にありそうな古い屋敷。主人公がそこで出会う、三人の女性-何となく素性が解る「原宿の家」。「ミシンの履歴」-古い道具は、幾多の苦難を乗り越えて、今ここにある。戦争経験者の曽祖父にだけ見える、リョウユウ。ヒトウが比島とは、私も解らなかった。「キャンプ」に登場する、ハンスとマルガレーテ-聞き覚えのある名前、そうか、ひとまねこざるの作者だった。東京の真ん中の「廃墟」。生々しい生活の痕跡は、写真に撮れないものだ。ゴーストは皆やさしい。怖いのは生きている人間だ。2020/11/30

たぬ

46
☆4 負の感情がない幽霊譚:人情話となるのはお約束なのだろうか。7編どれもほんのりうるっと来る。「第三話 きららの紙飛行機」と「第四話 亡霊たち」がお気に入り。浮浪児の幽霊とネグレクトを受けている幼女、10代の孫娘と曾祖父の交流がやわらかくてあたたまる。でもちょっと切ない。2022/02/28

のびすけ

36
幽霊との不思議な触れ合いを描いた7編の短編集。「きららの紙飛行機」が一番印象的だった。育児放棄されて一人ぼっちのきららと幽霊のケンタとの束の間の触れ合い。その後のきららのことを思うと何とも切ない。「ゴーストライター」は、新米ゴーストライターと幽霊との居酒屋での触れ合い。「ゴーストはなんにもできない。死んだらおしまい。ただ横にいて、思い出してもらうのを待ってる。」という幽霊の言葉がじんわりと心に残る。2021/02/28

メタボン

34
☆☆☆★ ゴーストと言っても人だけではなく、館であったり、ミシンであったり、廃墟であったり、「物」にこめられた思いでもあることが印象深かった。香港の九龍城は行ってみたかった。第6話廃墟を読んでいたら、昔炭鉱で栄えた夕張の今の街の雰囲気を思い出した。2021/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16852455

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。