朝日文庫<br> 司馬遼太郎全講演〈4〉1988(2)‐1991

個数:

朝日文庫
司馬遼太郎全講演〈4〉1988(2)‐1991

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月17日 00時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022643223
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

江戸期における日本とオランダの関係性を丹念に追った「オランダの刺激」や、倫理面から日本仏教を鋭く読み説いた「日本仏教に欠けていた愛」、手探りで文章日本語を構築した明治の文豪への思いを語った「漱石の悲しみ」など、講演18本を収録したシリーズ第4巻。

目次

一九八八年(2)(日本の言語教育;大隈重信が目指した文明 ほか)
一九八九年(オランダの刺激;「砂鉄のみち」と好奇心 ほか)
一九九〇年(義務について;新島襄とザヴィエル ほか)
一九九一年(秦氏の土木技術;踏み出しますか ほか)