朝日文庫
上野千鶴子が文学を社会学する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022643193
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

内容説明

あの『男流文学論』で文壇に賛否両論の渦を巻き起こした著者が、再び文学に目を向けた文芸評論集。明治期からの文体の変遷をたどる「ことば」の章、『恍惚の人』と『黄落』から、老人介護文学の中の性差を追究した「おい」の章など、『男流文学論』のその後も加えた、刺激的な文学論。

目次

ことば(平成言文一致体とジェンダー)
おい(老人介護文学の誕生)
おんな(女装した家父長制―「日本の母」の崩壊;江藤淳の戦後 ほか)
うた(うたの悼み―『斎藤慎爾全句集』に寄せて;うたの極北―俳人尾崎放哉 ほか)
こころ(癒し手とは誰か―『霜山徳爾著作集』に寄せて;ベッドの中の戦場―河野貴代美『性幻想』 ほか)

著者等紹介

上野千鶴子[ウエノチズコ]
1948年富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了。東京大学大学院人文社会学研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。