朝日文庫<br> ぼくの週プロ青春記―90年代プロレス全盛期と、その真実

個数:

朝日文庫
ぼくの週プロ青春記―90年代プロレス全盛期と、その真実

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2019年06月16日 19時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 397p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022619655
  • NDC分類 788.2
  • Cコード C0195

内容説明

なぜ1冊の週刊誌が業界をリードし、読者からの絶大な信頼のもと毎号数十万部を売り上げ、そして、崩壊したのか?闘っていたのはレスラーだけじゃない!『週刊プロレス』に青春を捧げた元記者による“平成ノンフィクション”。

目次

第1章 苦戦の修業時代 1987.12.27‐1989.12.10
第2章 富兵と貧者と妖精と 1990.1.2‐1991.12.9
第3章 されど毀れた日々 1992.2.9‐1993.1.1
第4章 インディー百花繚乱 1993.2.16‐1994.11.20
第5章 夢の懸け橋 1995.1.5‐1996.3.31
第6章 宴のあと 1996.4.1‐1996.8.31

著者等紹介

小島和宏[コジマカズヒロ]
1968年茨城県生まれ。ライター、編集者。89年、二松學舎大学在学中に「週刊プロレス」の記者となる。8年間の記者生活ののち、スカイパーフェクTV!を経て、現在に至る。2010年ごろからアイドルに関する執筆活動を本格化させ、2012年からはももいろクローバーZの「公式記者」として取材にあたっている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ一冊の週刊誌が業界をリードし、読者からの絶大な信頼のもと毎号60万部を売り上げたのか? そして崩壊していったのか? 闘っていたのはレスラーだけじゃない。「週刊プロレス」に青春を捧げた元記者による"平成ノンフィクション"。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件