朝日文庫<br> 古代は輝いていた〈1〉『風土記』にいた卑弥呼

朝日文庫
古代は輝いていた〈1〉『風土記』にいた卑弥呼

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 341p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784022604972
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0121

内容説明

東は太平洋をこえて南米まで、西は箕氏朝鮮を通じて周王朝へ―。かつて日本列島には、想像を絶する壮大な行動半径と文化を有する縄文人たちがいた。『記・紀』による神話、『三国遺事』『三国志』などの丹念な解読から、天皇家に先立ち、また並存した文明圏の存在を検証し、“卑弥呼”の謎に迫る。

目次

第1部 日本古代史の夜明け(日本人の始源;日本人はどこへ行ったか)
第2部 日本神話の多元性(国生み神話の謎;天国の所在;国ゆずり神話;「アマテル大神」の原型性;弥生新作神話の誕生;日本列島各地の神話)
第3部 隣国の証言(『三国史記』;『三国遺事』)
第4部 金石文の証言(志賀島の金印;室見川の銘版)
第5部 倭人伝との対面(倭国前史;里程論;首都・宮室論;物証論;卑弥呼論)
第6部 倭国の鳥瞰図―その諸問題(社会構成;倭国の暦)