朝日文芸文庫<br> 街道をゆく 〈9〉 信州佐久平みち、潟のみちほか

朝日文芸文庫
街道をゆく 〈9〉 信州佐久平みち、潟のみちほか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022601797
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0126

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

さつき

59
この巻は新潟、兵庫、高野山、長野と、いろんな地方が舞台になっていました。どの地域も私にとって興味深い土地だったので読みやすかったです。特にブラタモリで観たばかりだった『高野山みち』は数十年前の様子がわかり味わい深かったです。この紀行は高度経済成長期に書かれたせいか、その当時に建てられた新しいビルや、商業的な店に対しての視線がかなり冷たいですね。そんな所も時代を感じて面白いです。2017/09/19

レアル

57
<潟のみち、播州揖保川・室津みち、高野山みち、信州佐久平みち>高野山へはよくお参りによく行くためがその都度こ知識強化のためにこの稿を読むし、昨年の大河「真田丸」の影響で信州佐久平を訪れたが、その際にもにこの稿だけ読んだ。播州も『播磨灘物語』を読んだ事もありこちらの紀行も何だか懐かしく読んだ!という事で一番興味を持って読んだのが「潟のみち」。「潟」とは?「郷」とは?言葉の意味ではなく、歴史的背景やそこに集まり住む人たちを含めた説明が印象深い。2017/09/04

kawa

43
今月の読書旅は、潟(新潟)、播州揖斐川・室津、高野山、信州佐久平。訪ねたい地は室津、九度山真田庵・慈尊院、別所常楽寺・海野宿・信濃国分寺跡など。以前に訪ね豪農ぶりが印象的だった新潟・北方文化博物館(豪農の館)、その規模拡大原因に明治6年・地租改正(金納制に窮した小地主が大地主のもとへ駆け込み的に小作化)にあったとは初知り。かつて、上田にあった信濃国府が我が家近く(松本)に移転した原因、木曽路開墾(713年・「続日本紀」のくだり/284頁)で都との行き来が便利になったためも、身近な蘊蓄でイタダキ。2020/02/16

koji

20
ブラタモリの高野山に触発され読みました。司馬先生とHさんのパチンコ屋論争やら、通りかかった若い僧侶とすれ違った「若者恐怖症」の須田画伯がカバンをすすりあげて身構えた描写やら、クスッと笑える記述もあり楽しんで読めました。それにしても司馬さんの目の付け所には驚かされます。九度山に配流された真田昌幸に志を捨てきれなかった可笑しみを感じたり、丹生官省符神社に高野山の農民搾取の姿を見て取ったり、水原堯栄師のモリアオガエルと真言立川流を結びつけたり、鎌倉期の高野聖重源をおもしろい思想家と言ったり、深みのある歴史観です2017/09/30

無月斎

15
亀田郷の米作りの過酷さは、日本社会の米中心の歴史感を厳しさを知った。司馬さんの不動産批判は的を得ている。不動産の考えはバブルにいたり、経済衰退を招いていた。司馬さんの未来への憂いが、よく見える。播州、高野山、信州と、寺とは違う仏教と関わった人達が見えて面白い。門徒がいたから、毛利は織田とぶつからなければいけなかった。聖が散り、空海の伝承を作り乗っかった。九度山と信州は真田関係の場所だが、昌幸の六紋銭や滋野という、名家の威光を使い昌幸は成り上がり、徳川を相手にした。日本史の裏側の人々の話だった気がする。2017/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566831

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。