• ポイントキャンペーン

朝日選書
キリスト教は戦争好きか―キリスト教的思考入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022599872
  • NDC分類 190
  • Cコード C0316

出版社内容情報

【宗教/キリスト教】「一つの神しか信じないなんて、心が狭いのでは?」「なぜ愛と平和を説きながら戦争を起こすのか」「キリスト教が浸透しているはずの欧米で貧困や格差が拡大しているのはなぜか」など、非クリスチャンが抱く疑念に真摯に答える。クリスチャン的思考がわかる。

内容説明

「敵を愛せ」「右の頬を打たれたら左の頬をも向けよ」―聖書にこうした言葉があるにもかかわらず、十字軍、異端審問、魔女狩りなどの戦争や殺戮行為が、キリスト教の名のもとに行われてきた。「一つの神しか信じない」という一神教の心の狭さが、こうした悲劇を引き起こすのではないか。あるいは、なぜ聖書の教えが浸透しているはずの欧米社会で、貧富の差が拡大しているのか。そもそも、宗教に頼る人は精神的に弱いのではないか―。古代キリスト教思想を研究する著者が、聖書と歴史の視点からキリスト教を根源的に捉え直す。非クリスチャンが抱く疑念に答えていく、キリスト教的思考入門。

目次

第1部 キリスト教を知る(イエス以前の世界―旧約の歴史;イエス・キリストの生涯と教え;キリスト教の源流―イエスの弟子たちからアウグスティヌスまで)
第2部 キリスト教を考える(神を信じることと唯一神;キリスト教は戦争好きか;富・貧困とキリスト教;「いのち」の問題を考える―トニー・ブランドの悲劇は何が悲劇なのか)

著者等紹介

土井健司[ドイケンジ]
1962年京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(キリスト教学)中退。95年文学博士(京都大学)取得。現在、関西学院大学神学部教授。古代キリスト教思想の研究を進めると共に、脳死・臓器移植、人体の商品化など、現代社会の問題にキリスト教的な視点から発言を続けている。著書に、『神認識とエペクタシス』(創文社、第7回中村元賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

megumiahuru

37
タイトルだけを見ると、キリスト教と戦争の話だけなのかと思うが、どちからというとキリスト教全般についての入門書。日本人にはなじみの薄いキリスト教的な思考について解説しているということであるが、専門的な問題と入門書的な内容が混在していて、どっちつかずな印象になっているかもしれない。とはいえ、「汝の敵を愛せよ」と教え、そのとおりに十字架に死なれたイエスの教えを実行することは、どんな時代の誰にとっても難しいことなのだということは、よく分かった。2014/11/12

うえ

9
「251年頃から265年頃の約14年にわたってローマ帝国は疫病に苦しめられました…天然痘あるいは麻疹ではないかと推察されます。全人口の三割が亡くなったと計算する歴史家もいるほど、甚大な被害を残しました。…感染を恐れて病人を道端に捨てていく、あるいは病人を置き去りにして家から避難することは、当たり前…ところがキリスト者だけは熱心に看病に尽くし…亡くなると手厚く埋葬していったというのです。…治癒への期待も含めて、この疫病蔓延をきっかけにキリスト教が拡大したのではないかと推定するのは…社会学者R・スタークです」2020/05/11

里馬

6
ぬあ。けっこう評価ひくいのですね。僕も高くしている訳ではないけれど、「勉強したー」って感じはあります。確かに、いろいろ、詰め込みすぎてる?十字軍にせよイラク戦争にせよ、キリスト教は名分として利用されているだけだと思うなー。僕は無信仰だけど愛に生きたい。2012/12/16

ぼけみ庵@積読王になる!

4
前著『キリスト教を問いなおす』の続編も兼ねた一般向けのキリスト教の概説書。第1部がキリスト教の歴史を中心にした概説、第2部が本論の構成で、表題の問題に関しては1章で取り上げられているだけ。そのことは構わないのだけど、前著に比べて全体的に踏み込みが甘いという印象は拭えない。また、護教的・弁護的な部分がいささか目につく。どうやら副題の「キリスト教的思考入門」の方が本題だったようだ。さらさらっと読めて、それなりによい本だとは思うが、なんかあまり頭に残らない。今ひとつ拍子抜けな本だったというのが偽らざる感想だ。2012/07/25

古川健士

3
挑発的なタイトルである。愛と平和を説くキリスト教の名のもとで、十字軍、異端審問、魔女狩りなどの戦争や殺戮行為が繰り返されてきたのはなぜか、そもそも戦争を肯定できるのか、というキリスト教の根本を問うテーマに、私と同年齢のキリスト教学者が果敢に挑み、著者なりの答えを示している。 非キリスト教徒の一人として、正直、まだ腑に落ちないが、著者のチャレンジングな姿勢には感銘を受けた。2012/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4729852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。