• ポイントキャンペーン

朝日選書
モーツァルトの食卓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 236,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022599735
  • NDC分類 762.346
  • Cコード C0322

内容説明

いまもなお、世界中の人々を魅了してやまないヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。この天才音楽家は生涯のおよそ三分の一を旅に明け暮れた。6歳でのミュンヘンへの旅を皮切りに、郵便馬車に揺られヨーロッパを縦横に駆け巡った演奏旅行は、貴族や聖職者たちの食を観察し、各地の料理やレストラン、カフェを楽しむ旅でもあった。旅先で空腹を満たした街道沿いの惣菜屋の安い料理や修道院の精進スープ。一方、貴族の贅沢な食卓やハプスブルク家の最高級宮廷料理にも接する。

目次

第1章 ザルツブルクでの食卓
第2章 ヨーロッパ宮廷を巡る旅と「食」
第3章 モーツァルト、イタリアへ行く
第4章 天才の音楽遍歴
第5章 ウィーンでの食卓
第6章 天才の光と陰
エピローグ 旅立ち

著者等紹介

関田淳子[セキタアツコ]
ハプスブルク家研究家。日本‐オーストリア食文化協会顧問。民間企業研究所転勤後、ドイツミュンヘンに在住。帰国後ハプスブルク家の歴史および宮廷文化について文筆活動を開始する。執筆のかたわら、講演活動、NHKや民法などのハプスブルク家に関する番組に関わる。2006年愛媛県にオープンした「宮殿食文化博物館」を監修(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。