ラウリ・クースクを探して

個数:
電子版価格
¥1,699
  • 電書あり

ラウリ・クースクを探して

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 09時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022519269
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

1977年、エストニアに生まれたラウリ・クースク。コンピュータ・プログラミングの稀有な才能があった彼は、ソ連のサイバネティクス研究所で活躍することを目指す。だがソ連は崩壊し……。歴史に翻弄された一人の人物を描き出す、かけがえのない物語。

内容説明

ソ連時代のバルト三国・エストニアに生まれたラウリ・クースク。黎明期のコンピュータ・プログラミングで稀有な才能をみせたラウリは、魂の親友と呼べるロシア人のイヴァンと出会う。だがソ連は崩壊しエストニアは独立、ラウリたちは時代の波に翻弄されていく。彼はいまどこで、どう生きているのか?―ラウリの足取りを追う“わたし”の視点で綴られる、人生のかけがえのなさを描き出す物語。

著者等紹介

宮内悠介[ミヤウチユウスケ]
1979年、東京都生まれ。少年期をニューヨークで過ごす。2012年の単行本デビュー作『盤上の夜』で日本SF大賞、13年『ヨハネスブルグの天使たち』で日本SF大賞特別賞、また同年に(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞、17年『彼女がエスパーだったころ』で吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で三島由紀夫賞、18年『あとは野となれ大和撫子』で星雲賞(日本長編部門)、20年『遠い他国でひょんと死ぬるや』で芸術選奨文部科学大臣新人賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

333
宮内 悠介は、新作中心に読んでいる作家です。 著者の新境地でしょうか、エストニアの天才プログラマーの青春大河小説の佳作でした。現在のウクライナ侵攻もそうですが、ソビエト連邦崩壊により様々な悲劇があったんでしょうね。 https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=243522023/09/09

tetsubun1000mg

180
設定が旧ソ蓮の衛星国だったエストニアが舞台。 ITを国の政策として取り組み世界最先端のIT先進国という程度の知識でした。 幼年時から数字に対する異常な興味を持ち、やがてプログラムにハマるようになりゲーム作りが唯一の楽しみとなる少年が仲間を見つける。 しかしソ連からの独立を果たそうとするエストニアと、ソ連出身の少年たちは次第に離れていく。 終盤にラウリを探すジャーナリストの名前を聞いてからが驚き! そこから一気にそれまでの伏線が回収されて、エストニアの成り立ちまでが明らかになる。叙情的な演出が心地よい。2024/02/03

hiace9000

150
民族、国家の分断がもたらす悲劇・惨劇の報道が日常化している現在。エストニアに生まれたラウリ・クースクの生きた軌跡から私は何を読み解けばいいのだろう。〈わたし〉は冒頭で語る。「ラウリという人物は人間存在の何を照射するのか。『何もない』」と。80年代から90年代にかけてのペレストロイカ〜ソ連と社会主義体制の崩壊という激動を、私はどこか対岸の火事のように劇場化して眺めていた。だがそこには時代の波濤を越え生きた多くの"ラウリたち"がいたのだ。「何もない」名もなき人々が営々と積み上げてきた今を、作品を通し再考する。2024/01/08

タックン

141
旧ソ連のバルト三国エストニアで数学に興味を持ったとこからプログラミングに才能を出し天才少年と言われたラウリ。 そしてロシアの少年とプログラミングの賞の競い合いモスクワの大学を夢見る。 しかし旧ソ連の崩壊とエストニアの独立という時代の波に飲まれて、夢もかなわずプログラミングも止めてしまった。 ずっと題名が気になってきたけど、3章で探してた人の真相がわかった時に心が温まるいい話でした。 政治の話っぽくて難しいかなって思ったけど、さりげない感じで読みやすかった。 エストニアの自然描写が美しかった。 2024/01/22

もぐもぐ

140
「ラウリ・クースクは何もなさなかった」謎めいた言葉で始まった物語は、ソビエト崩壊とエストニアの独立という歴史の転換点に翻弄された三人の若者の人生を鮮やかに描き出す。卓越したプログラミング技術で将来を嘱望されたラウリ・クースクは何故表舞台から消えたのか。ラウリの足跡を追うジャーナリストの目的とは。装飾を抑えた文章が、国や民族に縛られた苦悩やそれらを超えた人の繋がりを訴えかけてくる。読後も大きな余韻が残る話でした。IT大国を目指したエストニアの背景も興味深かったです。2023/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21430143
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。