大坂誕生

電子版価格 ¥1,600
  • 電書あり

大坂誕生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022512697
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

【文学/日本文学小説】慶長20年、灰燼と化した大坂を再興すべく大御所・徳川家康から大命を受けた松平忠明は、大坂人との確執を知略と胆力で乗り越え、反徳川包囲網の中で次々と大胆な復興計画を練っていく──。第6回朝日時代小説大賞優秀作。

内容説明

「大坂再興の大任、御身に任せる!」大御所家康から直々に大命を下された松平忠明。豊臣滅亡後の荒廃した彼の地を、反徳川包囲網の中、知略と胆力で乗り越えて次々と大胆な計略を練っていく―。第6回朝日時代小説大賞優秀作。

著者等紹介

片山洋一[カタヤマヨウイチ]
1974年、大阪府に生まれる。大阪芸術大学卒業。会社員生活を経て、自転車販売店経営のかたわら執筆活動に励む。2014年、『大坂誕生』が第六回朝日時代小説大賞優秀作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宇宙猫

25
★★★★ 大坂の陣後の復興の話。江戸に比べて大坂ものってあまり無いので面白く読んだ。道頓堀や心斎橋の名前の由来が大阪っぽい。2016/11/23

shiozy

24
大坂の陣により壊滅した大阪を復興させるお話である。徳川から大阪を任されたのは、松平下総守忠明。家康の外孫である。しかし、大阪人は大の秀吉好き。怨嗟の対象が徳川なのだ。さあどうする忠明。道頓堀や心斎橋ができていく過程の人心掌握の妙が綴られていく。そんな綺麗事ばかりじゃないだろう。という思いもあるものの、見事に立ち直っていく大阪の姿は美しい。朝日時代小説大賞優秀作品。2015/07/08

emico

19
清々しい読後感。読んでいても気持ちよかったです。大坂をたったの3年で再建させた忠明は勿論、その人となりに惚れて一肌も二肌も脱いで力を貸した大坂人たちも素敵でした。2015/06/18

あかんべ

17
松平忠明?だれそれ?って感じだった。道頓堀や心斎橋などやはり大阪は商人の作った街なのだな。その陰にやりやすいように道をあけるってやれそうでなかなか出来ないもの。2015/05/04

ナポリタンに牛乳

16
面白くて一気読み。登場人物や大坂に著者の愛情を感じるなぁと思いつつ読み終え、最後の略歴を見たら大坂出身の方でした♪(その分、全体があっさりになってしまいましたが)。家光の時代には大坂は賑わっていたので、大坂の陣では町自体にはダメージは少なかったのだと勘違いしていました。3年程度で目処が付くとは異常なほど復興が早かったんですねぇ...将の将たる器ですか...新国立競技場の責任は誰にあるのやら...。2015/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9432912

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。