旺文社創作児童文学<br> 家庭教師はズッコケ魔女

旺文社創作児童文学
家庭教師はズッコケ魔女

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784010694305
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

出版社内容情報

ジニーは魔女と友だちになったが、それがひどいズッコケなの。勉強スラスラ呪文をかけてもらったらすごいききめ。これじゃズルしているのと同じかも。ユーモアに富んだ楽しい物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くまこ

7
「とっても面白かった。魔女見習いが出てくるところが、『ハリー・ポッター』みたい」「うん、何となくわかる。私は、女の子の成長物語として、『魔女の宅急便』を思い出したかな。ストーリーは地味なんだけど、ていねいに掘り下げてるなって思った」「最初の方の暗号はどうだった?」「うーん、原文を見てないので何とも言えないけど、訳者の伊場野さんという方のご苦労が偲ばれたわ。是非とも原文を読みたいんだけど、アメリカとかの中古市場を自分で探すしかないみたいね」 2014/01/11

カヤ

0
おもしろかったー!算数や理科や社会が絶望的に苦手なジニーと、魔女の学校を退学になったマリーナのお話。何気に嫌なキャラかと思った兄がいい奴だった。ジニーの友達に対する態度に最後までもやもやしたことは気になった。2016/05/17

たがちゃん

0
小さい頃に読んで大好きだった本で、私が本好きになるきっかけになった本なので、とっても懐かしかったです。 キャラクターそれぞれが愛らしくて、読んでいて幸せな気持ちになります。

Osa

0
児童書だから勉強がテーマなのかなぁ?この感じのプラシーボ効果的なのはハリポタでも読んだ事があったからまぁ魔法はかかってないんだろうなぁとは思ってたけど案の定ね(笑)後、絵が本の雰囲気にも一役かっていてGoodやったねヽ(≧▽≦)/2014/06/02

チクタク

0
訳のせいなのか読むのに一苦労。文章がねじれてる上、自称多すぎ。たった数行に、どんだけ『あたし』を使うんだか。思わず1頁内をカウントしてしまった…。話は悪くないのに勿体無い。[訳]伊場野昭子[絵]池田敬太

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/178715

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。