ことのは文庫<br> わが家は幽世(かくりよ)の貸本屋さん―あやかしの娘と祓い屋の少年

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

ことのは文庫
わが家は幽世(かくりよ)の貸本屋さん―あやかしの娘と祓い屋の少年

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月16日 16時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784896378917
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人と妖怪の狭間を生きる、人間の娘と幾多の妖怪が織りなす、あったかい幻想郷の物語。読後は切なさと優しさの気持ちでいっぱいに。

内容説明

現世とは別にある、あやかしが跋扈するもうひとつの世界“幽世”。幼い頃に迷い込んだ幽世で、貸本屋を営む変わり者のあやかし・東雲に拾われ、人の身でありながら、あやかし達と暮らす夏織は、ある日、行き倒れていた少年・水明と出会う。現世で祓い屋を生業としているという彼の目的は「あやかし捜し」。あやかしに仇なす存在とはいえ、困っている人を放っておけない夏織は、ある事情で力を失っている彼に手を貸すのだが―。笑いと涙と人情の、どこか優しい幽世の物語。

著者等紹介

忍丸[シノブマル]
青森県生まれ。シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆。『異世界おもてなしご飯』(カドカワBOOKS)で書籍化デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaichiro

89
人間なのに妖に育てられた夏織が優しくてお人好しの幽世の住民達に囲まれ生きる物語。夏織を育てた東雲さんと貸し本を営み物語を届けながら、ちょっとした出来事に遭遇する。とても軽いタッチ、リズムで描かれた本作は箱根の一泊旅行に向かうロマンスカーや田舎に帰る新幹線の中で、偶にウトウトしながら読んでみたい^_^Net galleyで読ませてもらいました^_^Bye thank you!2019/06/03

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

50
人が暮らす現し世とあやかし達が暮らす幽世。幽世に迷い込み生活を営む稀人の夏織。あやかしの養父である東雲。東雲の貸本屋を通して、あやかしたちとの交流し暮らしている。幽世は恐ろしい所かと思いきや、ユーモラスで楽しく幻想的であった。そこに犬神を探し迷い込んだのは祓い屋の水明。どうなるのかと一気読みだった。キャラクターも魅力的で絆の深さが良かった。続編も是非読みたい。2022/01/22

はつばあば

50
私達の住む現し世と道祖神を軽く触れるだけで幽世の世界に行けるなんて想像しただけでワクワクしませんか?。ある時3歳くらいの女の子が幽世の世界に迷い込んだ。人間の親は悲しんだでしょうし、幽世で貸本屋を営む養父となった東雲が人の子をどう扱っていいのやらと困った顔が浮かぶます。妖ばかりの世界で夏織は皆に可愛がられて育ち・・現し世でバイトして生活費を稼いでいます。現世と幽世・・都会と田舎の違い位しかないし、泣き虫怖がりの夏織のお陰で妖たちは忍耐力を養えたようです(笑)・・それは冗談ですが。人と妖の共存面白いです2021/05/02

ゆなほし

39
あやかしが跋扈する幽世で貸本屋を営む変わり者のあやかし東雲に拾われ、人の身でありながらあやかし達と暮らす夏織は、ある日行き倒れていた少年水明と出会い…。とても良作。どこまでも続く本棚、人間に集まる幻光蝶、恐ろしいけど心根は優しいあやかし達、物語を構成する全てが他のあやかしものとは一線を画す魅力を持っている。程よくコメディも差し込まれ、しかし根底には人種を超えた家族愛がしっかり描かれており、丁寧で読みやすい描写が世界観を確かなものにしている。裏表紙まで続く装丁もとても綺麗で見事。続編も期待したい。2019/11/06

たぬ

33
☆4 あやかしってつまり妖怪か! しかもヒロインの実家は貸本屋ってなんという私得。地獄経由で現世各地に行くのも新鮮味があるし雌猫そのまんまな性格の化け猫も気に入った。感情表現(特に泣きの場面)がまっすぐすぎてこっぱずかしくなるシーンがそこそこあったことを除けば結構好きな作品です。2021/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13768718

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。