岩波アクティブ新書<br> 日記をつける

電子版価格 ¥616
  • 電書あり

岩波アクティブ新書
日記をつける

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 169p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784007000164
  • NDC分類 816.6
  • Cコード C0295

内容説明

絵日記、交換日記、旅日記…人はどんな日記をつけてきたか。日付、天気、あとは何を書くのも自由。あとで忘れてしまうことを記しておく。書きたくないとき、続けられないとき。日記から文学が生まれる。

目次

1 日記いろいろ(絵日記;日記へ ほか)
2 日記はつけるもの(「書く」と「つける」;日付と曜日 ほか)
3 日記のことば(手書きの文字;はじめての日記 ほか)
4 日記からはじまる(まず、つけてみる;夕立の二人 ほか)
5 あなたが残る日記(一〇大ニュースを決める;東京の日々 ほか)

著者等紹介

荒川洋治[アラカワヨウジ]
現代詩作家。1949年福井生まれ。1972年、早稲田大学第一文学部文芸科を卒業。1980年より文筆に専念、詩、詩論、文芸時評などを発表。TBSラジオ「日本全国8時です」(火曜朝8時)に出演中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日付と曜日,天気を書く.あとは自由の世界.仕事のこと,近所の様子,家の中など,自分のまわりに目を向けてみる.いつからでも始められる,続けるための日記手引き書.作家たちの赤裸々な日常生活も,日記からのぞけます.