岩波現代文庫<br> マインド・タイム―脳と意識の時間

個数:

岩波現代文庫
マインド・タイム―脳と意識の時間

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006004293
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0111

出版社内容情報

私たちが何かをしようと意識するよりも前に脳の活動が始まっている。この発見が哲学において名高い自由意志の論争に衝撃をもたらしたように、リベットが提示する実験結果に裏づけられた驚愕の知見は、幅広い分野に大きな影響を与えてきた。脳と心や意識の関係を考える上で必読の、脳神経科学の歴史に残る研究がまとめられた一冊。

内容説明

私たちはみな、少し“遅れて”生きている。自由意志、心脳問題、無意識と意識…人間をめぐる深淵なる謎に切り込む一級の証言。

目次

第1章 本書のテーマ
第2章 意識を伴う感覚アウェアネスに生じる遅延
第3章 無意識的/意識的な精神機能
第4章 行為を促す意図―私たちに、自由意志はあるのか?
第5章 意識を伴う精神場理論―物質からどのようにして心が生じるのか?
第6章 結局、何が示されたのか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

73
「私たちが何かをしようと意識するよりも前に脳の活動が始まっている。この発見が哲学において名高い自由意志の論争に衝撃をもたらしたように、リベットが提示する実験結果に裏づけられた驚愕の知見は、幅広い分野に大きな影響を与えてきた」という。岩波の初版から15年以上を経て岩波現代文庫に入った本。この手の本では珍しいようだ。 2021/09/21

みき

12
ウェアネスは事象の0.5秒あとになる、というワクワクするような自由意志の存在への疑いのはなし。物質の構造だけではそれらの機能を説明しきらない、という実際世界の現象が、もちろん脳の神経パルスと精神にも当てはまる。構造と機能が緊密な関係であるように、身体と心も緊密な関係である。正直、心身の二元論は浸透しすぎて私自身それを疑っているのか、もうそれが自分の前提になっているかも曖昧ではあるけれど、自己とか自由意志のことを考え直すヒントになるような話。2021/10/18

MO

10
巷で自由意志はない。という人が引き合いに出すのがこの本なので良く読んでみたら、自由意志はないなんて言ってないじゃん、むしろある意味ではあるかもよ、とさえ言っている。やっぱ自分で読むって大切だね。難しい本ではないけど、極論、第6章だけ読めばOKです。詰まりは自発的に思考するよりも早く行動が始まっているということで、僕らは後追いで作られた幻想の世界を生きていることになる。瞑想でゆっくり動くのはこの0.5秒のバッファーを無くすためなのではなかろうか?魂に言及しているのも良い。2022/02/07

くらーく

4
下條信輔氏の岩波現代文庫収録にあたっての解説をメインに。それまでは、ざーっと図と図の解説を中心に。通常、論文だと、アブストラクトと結果と図でしょう。同じ読み方をしました。正直、分かりませんので。 で、本書の内容は、脳と意識に関してはほぼ確立された実験と結論のようですね。ほうほう、と。 まあ、0.5秒の遅れについて、発見したと。自分の頭の中(体?)で起きている事なのだけど、実感することは。。。わからんな。年とともに反応が鈍くなるのは実感しているけど。 以前に読んだ統合情報理論の事も触れてあって。。難しいね。2021/12/04

Go Extreme

2
本書の問題意識:脳の活動と精神機能のつながり 心と物質についての一般的な考え 心脳問題に科学的アプローチはあるのか 主観的経験についての内観報告 アウェアネスとは 意識を伴う経験に関するプロセス 電気生理学 実験のきっかけ 意識を伴う感覚的なアウェアネスに生じる遅れ 無意識的/意識的な精神機能 行為を促す意図:私たちに自由意思はあるのか 意識を伴う精神の場理論:物質からどのようにして精神が沸き起こるのか  結局何が示されたのか2021/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17425704

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。