岩波ジュニア新書<br> 新・大学でなにを学ぶか

個数:
電子版価格
¥946
  • 電書あり

岩波ジュニア新書
新・大学でなにを学ぶか

  • ウェブストアに52冊在庫がございます。(2024年07月18日 11時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784005009121
  • NDC分類 K377
  • Cコード C0237

出版社内容情報

大学では何をどのように学ぶのか? 高校までの〈勉強〉と何が違うのか? 大学で身につけるべき教養とは?…。池上彰、磯崎憲一郎、國分功一郎、中島岳志、中野民夫、伊藤亜紗、西田亮介…東工大でリベラルアーツ教育に携わる気鋭の大学教員たちが〈学び〉の意味を論じます。これから大学を目指す人、いま大学で学んでいる人へのメッセージ。

内容説明

「大学ってどんなところだろう?」「大学ではなにを学べるのかな?」…。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の個性豊かな教員たちが、大学での“学び”についてさまざまな観点から語ります。これから大学をめざす人、いま大学で学んでいる人へのメッセージ。

目次

自ら問いを立てること(池上彰)
問いを発する存在になる(國分功一郎)
女子学生たちへ(伊藤亜紗)
小説を読む(磯崎憲一郎)
教養はどのような時に役立つのか(中島岳志)
試行錯誤の学び(西田亮介)
僕は大学時代、何よりも旅から学んだ。(中野民夫)
アメリカでの学び、日本での学び(木山ロリンダ)
学びの海の羅針盤―関心を広げ、味わいを深める読書のすすめ(山崎太郎)
身体の弱さと強さ(林直亨)
「リーダーシップのある専門家」になるために(室田真男)
「リベラルアーツなんてやりたくない」という人へ(多久和理実)
なぜ大学で学ぶのか、一緒に考えよう(弓山達也)

著者等紹介

上田紀行[ウエダノリユキ]
文化人類学者。東京工業大学教授。リベラルアーツ研究教育院長。1958年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。岡山大学で博士(医学)取得。東工大学内においては、学生による授業評価が全学1200人の教員中1位となり、2004年に「東工大教育賞・最優秀賞」(ベスト・ティーチャー・アワード)を学長より授与された。著書『生きる意味』(岩波新書)は06年全国大学入試において40大学以上で採用され、出題率1位、他に著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

25
さすがに東工大の先生方ともなると皆さんいいこと言ってる2021/10/28

まさこ

15
東工大リベラルアーツ研究院、池上さんら13人の持論をリレー式に、「生徒じゃないよ、学生だよ、自分で学ぶんだよ」と。大学入試(の先の就社)が人生目標と言われ育った子には、ココ大事だから、常に伝えよう(高校の先生からも頼むよ!)。大学はすぐ役立つ学科への流れから…VUCA社会はリベラルアーツへという雰囲気もあるが。そもそも大学は、問い学ぶ歓びを知る貴重な4年間、という贅沢な時空だ。なるほどキャンパスは広い。共に学ぶ仲間は大事。躓いた時の引っ掛かり。一匹にもなる存在。コンフォートゾンの突破。フィールドに下りよ。2020/11/10

Ayakankoku

14
大学の学びの奥深さを再確認。これから大学生になる生徒たちが羨ましくなった。ただ社会人になるなめの通過点として大学に通うのではなく、多様な学び、研究できる時間を大切にして欲しい。2020/06/14

乱読家 護る会支持!

10
はじめにでは、 「大学で学ぶことは、正解の無い探究である」「大学での学びで大切なのは、思いを育んでいくことである」と書かれてありますが、ものすごく違和感がありました。 これは、大学で学ぶことでは無く、むしろ小中高の学校教育でこそ学ばなければならないと考えます。 いろいろな体験を通じて、「なぜだろう?」と問いを立てて、本質を考えていく姿勢は、すぐに身につくものでは無いと思うのです。 問いを立てて考えることは、一生続く学びの「基本姿勢」でもあります。問いを立て続けている限り、人は成長し続けるのだと思います。2020/06/17

とびを

9
大学入る前にこの本に出会いたかった2020/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15121199
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。