岩波新書<br> 日韓関係史

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

岩波新書
日韓関係史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004318866
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0231

出版社内容情報

日韓関係は、なぜここまで悪化してしまったのか。交流が増えるにつれて、日韓の相互理解は進むはずではなかったのか。--その謎を解明するため、本書は一九四五年から現在に至る歴史を、北朝鮮・中国など国際環境の変容も視野にいれながら、徹底分析する。一つの生命体のように変化を遂げる日韓関係の履歴と未来とは。

内容説明

日韓関係は、なぜここまで悪化してしまったのか。交流が増えるにつれて、日韓の相互理解は進むはずではなかったのか。その謎を解明するため、北朝鮮・中国など国際環境の変容も視野に入れながら、一九四五年から現在に至る歴史を徹底分析する。非対称な関係から対称な関係へと変化を遂げた日韓関係の来歴と未来。

目次

序章 日韓関係の現状とそのダイナミズム
第1章 日韓関係の「前史」―一八七五~一九四五年
第2章 冷戦下における日韓関係の「誕生」―一九四五~七〇年
第3章 冷戦の変容と非対称的で相互補完的な日韓関係―一九七〇年代・八〇年代
第4章 冷戦の終焉と対称的な日韓関係の到来―一九九〇年代・二〇〇〇年代
第5章 対称的で相互競争的な日韓関係へ―二〇一〇年代
終章 日韓の「善意の競争」は可能か?

著者等紹介

木宮正史[キミヤタダシ]
1960年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。高麗大学大学院政治外交学科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は国際政治学・朝鮮半島問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

93
歴史とは何を基点にするかで解釈が変わる。右寄りの人は、1965年の日韓基本条約(日韓請求権協定)に照らして現在の韓国を批判するが、私は、1910年の韓国併合を基点とすべきだと思う。欧米列強から開国要求を突き付けられ、先に独立を守った日本が協力する振りをして韓国を植民地化したことを、著者は「安心させて騙しておいて隙をついて侵略した」と表現しているが、その認識を原点としたい。日本国は国民にそれを教えようとしない。だからこそ、決して感情的になることなく、客観的事実を積み重ねたこういう本に、価値があるのだと思う。2021/10/01

skunk_c

70
戦後日韓の関係史を「非対称から対称へ」という大きな流れに整理し、その変化に対応し切れていない日韓の政府と、世論を通じてみた人々の意識に対し、再考を促す内容。日韓両地で生活経験があり、日韓の歴史問題を両国の学者で考える機会にも中心として参加した著者らしく、筆致は極めて冷静でバランスが良い。小渕=金大中のパートナーシップ宣言を再評価せよという指摘はうなずける。また本書から見えてくるのは、30年あまり前に自力で民主化を達成した若い民主主義国である韓国と、上から民主主義を頂戴して75年の日本の人々の意識の違いだ。2022/01/13

ひさたけ

30
これ一冊で戦後(前史として日韓併合も含む)の日韓関係を振り返る事のできる便利な本。巻末には年表付き。日韓の歴史認識がどうしてここまでズレてしまうのかという点で、戦後大半の時期を保守政権でやってきた日本と何度も政変が起こってきた韓国の双方の歴史の違いによるなどと面白い分析もしている。個人的には「自民党は野党になった時に右傾化する傾向がある」という指摘が怖かった。2023/10/21

おせきはん

27
日韓関係を欧米列強の進出時からの歴史をもとに解き明かしています。日韓関係が特に経済面で対称的になったことに伴う変化に双方が対応できていない状況を理解できました。物事に向き合う基本的なスタンス、価値観の違いもあり、これまでのように棚上げはできても、歴史問題の根本的な解決は難しいと思いました。2021/09/09

崩紫サロメ

19
1875年~2010年代までの日韓関係を、1945年以降に重点を置きながら論じる。鍵となる概念が「非対称性」から「対称性」への変化。支配と被支配という非対称性は勿論のこと、戦後も日本の韓国への無関心と棲み分けがあった。冷戦下韓国にとって日本は社会主義諸国との接触の場であったという言及(p.113)、なるほど……。1990年代以降、韓国の民主化と経済発展が進み、日韓関係は「対称的で相互競争的」な関係へと変化していくが、多くの場合において目的における対称性と方法における非対称性が存在する。2021/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18210126
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。