岩波新書<br> 広島平和記念資料館は問いかける

個数:

岩波新書
広島平和記念資料館は問いかける

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004318613
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C0236

出版社内容情報

2019年に開館以来最大規模のリニューアルを行なった原爆資料館。世界中から訪れる人々は、そこに何を見て、どう感じているのか。原爆投下直後から一人被爆資料の収集を重ねた初代館長の信念は、どのように引き継がれてきたのか。被爆者の一層の高齢化が進む中で、「あの日」を記録し伝え続ける「記憶の博物館」の軌跡と課題。

内容説明

被爆七五年を前に開館以来最大規模の展示更新を行なった原爆資料館。世界中から訪れる人々は、そこに何を見て、どう感じているのか。原爆投下直後から一人被爆資料の収集を重ねた初代館長の信念は、どのように引き継がれてきたのか。被爆者の高齢化が進む中で、「あの日」を記録し伝え続ける「記憶の博物館」の軌跡と課題。

目次

序章 いくつかの出会い
第1章 広島平和記念資料館へ
第2章 全面更新した展示
第3章 被爆資料、遺品の声―資料館の誕生
第4章 資料館の歩み、ヒロシマの歴史
第5章 何を、どう伝えるか―展示の変遷
終章 「被爆者不在のヒロシマ」を前に

著者等紹介

志賀賢治[シガケンジ]
広島平和記念資料館前館長・広島大学原爆放射線医科学研究所客員教授。1952年広島県広島市生まれ。1978年名古屋大学法学部卒業。同年、広島市役所に就職。2013年広島市役所退職。同年4月、広島平和記念資料館館長に就任(~19年3月)。2020年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobuko Hashimoto

26
前館長による資料館案内。2019年に完成した三度目の大規模な展示更新の方針と、館内の詳細な説明につづき、資料館の起こりと歩み、展示の移り変わり、世界に向けての発信、世界との協力について、ていねいに解説。語り口は柔らかく、若干遠慮気味な部分もあるが、その分、誰にも受け入れやすい案内書となっている。図版も多い。18年に学生と訪問したときは改装中だったので、遠くないうちに行きたい。2021/06/12

崩紫サロメ

18
2019年にリニューアルオープンした広島平和記念資料館の前館長が、資料館のあり方について語る。リニューアルにあたり大きな議論となったのが、生々しく被爆を伝える「蝋人形」の是非。著者はそれについては否定的で、遺品を中心とした展示にしていきたい、など資料館が目指す方針を伝えている。また、初代館長長岡省吾の遺物収集への執念、市との確執、保存の困難さなど、「語り継ぐ」ことの困難さなど、考えさせられることが多い。2021/02/03

ふゆ

9
私の周りに「またか」「そればっかり」という人はいません。何回でも同じように繰り返していかなければならないものがあると思います。無辜の人など1人もいない。資料館の真摯な姿勢に胸を突かれます。寄贈品の聞き取りをしていたなんて知らなかった。名前があり人生があり、死があり思い出がある。あと資料館のための法律があることも知りませんでした。たった7条でもそれを立憲する使命感が如何程であったか。館の中しか知らなかった著書が、その日を街中で迎えるリアルさがすごい。岩波新書はこれだから、もう。2021/07/25

たな

8
広島平和記念資料館のこれまでと今後の課題。博物館ではなく資料館としての役割は何か、その中でも平和記念都市建設法の対象である広島の地にある資料館の意義とは何かということをこれまでの紆余曲折を取り上げながら読者に考察する様委ねている。原子爆弾の被害という容易に理解しづらいことを安易に「分かりやすい」展示で対応するのではなく、考えさせ続けるためにはどうあるべきなのか、近年の改修工事の後の資料館で考えたい。2021/03/18

メイロング

5
各地の、犠牲者への追悼の念が伴う資料館の姿勢が集約されている。資料館ができてから紆余曲折があり、原子力の平和利用ルートに入ってたら、有名無実の死に体となっていたかもしれない。そっちが楽かもしれないけど、それをよしとしない職員の尽力で、資料の元の持ち主を想像するダイアローグのような現在の形となれたのだとわかりました。一度行きたいけど、広島は遠いなあ。2021/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17060856

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。