岩波新書<br> 親権と子ども

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波新書
親権と子ども

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月20日 17時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316688
  • NDC分類 324.64
  • Cコード C0232

出版社内容情報

離婚時の親権を巡る争い。虐待から救う時の「壁」になる親権。弁護士として経験豊富な著者が子どもの視点を盛り込み、わかりやすく解説。

内容説明

離婚時の親権をめぐる争いは、一〇年前の三倍に。年間一〇万件以上の相談がある子どもの虐待において、親権は子どもの救出を阻む「壁」にもなりうる。急激に動いている現状に直面し、法改正も相次いでいる。現場での数多くの経験とともに、子どもの視点を盛り込みながら、親権、そして子どもとの関係を具体的に描く。

目次

1 親権とは何か(親の権利なのか;誰が親権者か?;親権の内容;親権者に禁じられていること;親権の制限と終了)
2 離婚と子ども(離婚と親権;親権と監護権は、どのように決まるのか;養育費;面会交流;海外における離婚と親権)
3 親権と虐待(親権と虐待の境界;虐待への対応と親権;親権の制限、未成年後見)

著者等紹介

榊原富士子[サカキバラフジコ]
1981年より弁護士。婚外子の相続分差別違憲訴訟、子どもの住民票や戸籍の続柄差別違憲訴訟などを担当。離婚と子どもに関するケースを多く扱う。早稲田大学大学院法務研究科教授(2009~2013年度)。日本家族“社会と法”学会理事。日本弁護士連合会家事法制委員会委員

池田清貴[イケダキヨタカ]
2000年より弁護士。専門は家族法分野、租税法分野。子どもの虐待や子どもの手続代理人のケースを多く扱う。東京都児童相談所協力弁護士。中央大学法科大学院客員講師。日本弁護士連合会子どもの権利委員会委員。三鷹市教育委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件