岩波新書<br> 矢内原忠雄―戦争と知識人の使命

個数:

岩波新書
矢内原忠雄―戦争と知識人の使命

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2017年09月22日 08時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004316657
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0231

内容説明

戦時抵抗を貫いたキリスト教知識人のミッションとは何だったのか。内村鑑三門下の無教会キリスト者、新渡戸稲造門下の植民政策学者にして、東大総長などを歴任した公共的知識人。その多面的な相貌と生涯を、預言者意識、「キリスト教ナショナリズム」、天皇観などに着目し、従来の矢内原像を刷新する新しい視点から描く。

目次

第1章 無教会キリスト者の誕生―一九一〇年代(生い立ち;新渡戸稲造と内村鑑三;信仰、学問、交友;住友・別子銅山)
第2章 植民政策学者の理想―一九二〇~三七年(東京帝国大学;植民政策学;帝国の理想―朝鮮と台湾;国際平和の理想―満洲と中国)
第3章 東京帝大教授の伝道―一九三〇年代の危機と召命(帝大聖書研究会;マルクス主義とキリスト教;無教会伝道;二・二六事件と天皇)
第4章 戦争の時代と非戦の預言者―一九三七~四五年(矢内原事件;無教会の雑誌・結社・ネットワーク;預言者的ナショナリズム;全体主義とキリスト教)
第5章 キリスト教知識人の戦後啓蒙―一九四五~六一年(日本精神の転換;平和国家の理想;人間形成の教育;東大総長の伝道)

著者紹介

赤江達也[アカエタツヤ]
1973年岡山県生まれ。2005年筑波大学大学院博士課程社会科学研究科修了。博士(社会学)。現在、台湾国立高雄第一科技大学助理教授。専攻は社会学、思想史、宗教研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦時抵抗を担った代表的知識人の最大のミッションとは? 「キリスト教ナショナリズム」や天皇観にも着目した新しい視点から描く。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件