岩波新書<br> 憲法への招待 (新版)

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

岩波新書
憲法への招待 (新版)

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2020年11月24日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004314707
  • NDC分類 323.14
  • Cコード C0232

内容説明

「憲法は私たちが守らなくてはならないものか」「憲法改正手続を定める憲法九六条は改正できるか」「日本の上空を通過する他国を攻撃するミサイルを撃ち落とすことは合憲か」など、24の問いに答えながら、日本国憲法の思想と骨格を平明に解説。社会問題となっている事象と憲法との関係をときほぐす、市民のための憲法入門。

目次

第1章 憲法とは何か(聖徳太子の十七条憲法は「憲法」か;権利の規定に比べて義務の規定が少ないのはなぜか ほか)
第2章 人権とはそもそも何か(人権は無制限に保障されるのか;「国民」と「外国人」の間に人権保障の差はあるのか ほか)
第3章 どのような人権が保障されるのか(女性の再婚禁止期間の規定は「法の下の平等」に反するか;「日の丸」と「君が代」の強制はなぜ問題か ほか)
第4章 政府を動かす原理は何か(内閣総理大臣の公選制に合理性はあるか;国民代表が決めた法律を裁判所が違憲・無効とできるのはなぜか ほか)
第5章 政府の活動内容は具体体にどのようなものか(国会は何を法律として定めることができるか;内閣は「法の執行」以上のことをしているのではないか ほか)

著者等紹介

渋谷秀樹[シブタニヒデキ]
1955年兵庫県加古川市生まれ。1984年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程満期退学。2013年博士(法学)(大阪大学論文博士)。現在、立教大学大学院法務研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件