• ポイントキャンペーン

岩波新書
グランドツアー―18世紀イタリアへの旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 224,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004312673
  • NDC分類 230.5
  • Cコード C0222

内容説明

折しもポンペイ遺跡発見の世紀、ヨーロッパじゅうの知識人や芸術家たちが、こぞって馬車にゆられてアルプスを越え、イタリア半島を目指した。そこで彼らを魅了した、人、自然、遺跡、芸術とは?ゲーテやサドも書き残した当時の旅を追体験しつつ、人々の交錯のなかで芽吹き始めていた新しい感性を活写する。貴重な図版を多数収録。

目次

第1章 人―イメージのなかのイタリア人(「イタリアはよかったけれど、イタリア人は…」;過去の栄光と現在の惨状 ほか)
第2章 自然―「驚異」の風景(「まるで絵か写真のよう」;「ピクチャレスク」 ほか)
第3章 遺跡―ポンペイ発掘の衝撃(未来を映しだす過去;ポンペイとヘルクラネウムの発見 ほか)
第4章 美術―ローマとヴェネツィアの賑わい(何を見るか;時代の目 ほか)

著者等紹介

岡田温司[オカダアツシ]
1954年広島県に生まれる。1978年京都大学文学部卒業、1985年同大学大学院博士課程修了、岡山大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は西洋美術史・思想史。著書に『フロイトのイタリア』(読売文学賞、平凡社)『モランディとその時代』(吉田秀和賞、人文書院)。訳書に、ロンギ『芸術論叢』(監訳、ピーコ・デッラ・ミランドラ賞、中央公論美術出版)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

折しもポンペイ遺跡発見の頃、ヨーロッパ中の知識人や芸術家が、こぞってローマを、ナポリを、ヴェネツィアを目指した。観光旅行の始まりともいうべき旅の中で、彼らを魅了した人、自然、遺跡、芸術とは?