岩波新書
建築紛争―行政・司法の崩壊現場

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 244p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004310532
  • NDC分類 520.91
  • Cコード C0236

内容説明

日本社会を揺るがした耐震強度偽装問題。事件の背景を探ってゆくと、極限まで進められた建築法制の規制緩和が浮かび上がってくる。それはまた、住宅地に高層マンションを入り込ませ、各地で住環境の破壊を引き起こしている。問題の根は何なのか。建築紛争の現場取材を通して、政官財そして司法が私たちの生活を脅かす構図を描き出す。

目次

第1章 日本が危ない―耐震強度偽装問題の構図
第2章 数の偽装―住宅地にそびえ立つ高層マンション
第3章 「官から民へ」の落とし穴―建築法制の崩壊
第4章 プレーヤーたち―政官財、マスメディア、そして米国
第5章 裁かれる裁判官―「良心」を忘れた司法
第6章 美しいまちへ―問われる市民

著者等紹介

五十嵐敬喜[イガラシタカヨシ]
1944年山形に生まれる。1966年早稲田大学法学部卒業。法政大学教授・弁護士

小川明雄[オガワアキオ]
1938年東京に生まれる。1961年東京学芸大学英語科卒業。AP通信社、朝日新聞社を経て現在、ジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。