新・MINERVA福祉ライブラリー<br> 学校福祉とは何か

個数:

新・MINERVA福祉ライブラリー
学校福祉とは何か

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月28日 07時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623081233
  • NDC分類 374
  • Cコード C3336

出版社内容情報

学校におけるソーシャルワークが 子どもたちにどんな力を育てるのか……学校教育領域からの発信スクールソーシャルワーカーの活用論や、啓発・方法技法論ではない、学校教育領域からの発信。子ども家庭福祉や地域福祉と学校教育を切り結ぶ専門領域として「学校福祉論」を理論的に構築し、実践方法論を提案する。

はじめに

第1章 21世紀型能力論と学校福祉 
 1 21世紀型能力論と子どものしあわせ
 2 子どもの主体者形成と学校福祉
 3 教育支援をめぐる多文化社会
 4 学校と協働してソーシャルワークのすばらしさを伝えること

第2章 福祉教育の変遷と福祉科教育の展開から
 1 戦後の福祉教育の変遷
 2 道徳教育時代との関わりから
 3 高校福祉科教育の歴史,実践,展望から
 4 福祉教育の新たな展開??韓国の事例から

第3章 人権教育と学校における福祉
 1 人権教育とソーシャルワーク
 2 日本における人権教育としての同和教育
 3 小川太郎の同和教育論
 4 「教育革命」と呼ばれた教育実践
 5 学校における福祉実現に向けた同和教育運動の示唆

第4章 学校でつくりあげる子どもの福祉
 1 教育福祉論の再考から
 2 教育福祉から福祉教育へ
 3 地域と学校がつながりつづける
 4 スクールソーシャルワーカーによる地域活動実践事例
 5 子どものしあわせをめざす学校援助技術

第5章 学校保健・健康教育の発展とソーシャルワーク??健康格差を問う

 1 「一校一名専任駐在制」学校看護婦(養護教諭の形成過程史)
 2 安全教育とウェルビーイング,ヘルスプロモーションとの関係
 3 養護教諭とスクールソーシャルワーカーのかさなりを問う
 4 学校保健委員会再考

第6章 学校危機管理と学校福祉
 1 学校危機とは
 2 学校危機への介入
 3 心理教育と教職員の対応の基本
 4 トラウマインフォームドという考え方
 5 学校危機対応とスクールソーシャルワーカー

第7章 特別ニーズのある子どもの授業づくりと学校福祉論の視座??「合理的配慮」と「補償」的アプローチを超えて
 1 「特別支援」概念の再検討
 2 日本の特別支援教育の発展と学校ソーシャルワークの課題
 3 社会的な経験の差が学力差となる実相
 4 「ソーシャルワーク」を広くとらえる
 5 学習困難児の「学び」と「学校福祉」の接点
 6 特別ニーズのある子どもたちを含めた学校福祉論の展望

第8章 切れ目のない発達保障と学校福祉??乳幼児期と学齢期のインターフェイス
 1 子ども前期の教育とケアの変遷??就学前教育と子ども家庭福祉の観点から
 2 保幼小連携の現状と課題??接触面(インターフェイス)における円滑な接続(アーティキュレーション)
 3 子ども前期の学校福祉論

第9章 Sozialp?dagogik/社会的教育学から学校福祉論を再考する
 1 Sozialp?dagogikの歴史と理論
 2 日本における社会教育と教育福祉論
 3 日本における子どもの第三の居場所づくり活動の動向
 4 社会的教育学の観点から学校福祉を問い直す

補論1 青年期の課題と学校福祉??ユースソーシャルワークの今後
 1 「活用」の主体は誰なのか
 2 青年期を取り巻く根本的な課題への理解
 3 ユースソーシャルワーカーの創出
 4 「自立支援チーム」の施策化
 5 ユースソーシャルワーカーの職務パターン
 6 「校内ユースワーク」の実践事例
 7 「主権者形成」と「探索期」ユースソーシャルワーカーのめざすもの

補論2 包摂でデザインする平和な社会??ノルウェーからの学びを通じて
 1 子どもがつくる今日という日
 2 福祉(しあわせ)に基づく「形成」の保障
 3 支援職としての教師
 4 市民参加のカリキュラム改訂で社会問題を予防・改善
 5 共通項を見出し,違いから学び合う「包摂」の学校

索 引

鈴木 庸裕[スズキ ノブヒロ]
編集

内容説明

スクールソーシャルワーカーの活用論や、啓発・方法技法論ではない、学校教育領域からの発信。子ども家庭福祉や地域福祉と学校教育を切り結ぶ専門領域として「学校福祉論」を理論的に構築し、実践方法論を提案する。

目次

第1章 21世紀型能力論と学校福祉
第2章 福祉教育の変遷と福祉科教育の展開から
第3章 人権教育と学校における福祉
第4章 学校でつくりあげる子どもの福祉
第5章 学校保健・健康教育の発展とソーシャルワーク―健康格差を問う
第6章 学校危機管理と学校福祉
第7章 特別ニーズのある子どもの授業づくりと学校福祉論の視座―「合理的配慮」と「補償」的アプローチを超えて
第8章 切れ目のない発達保障と学校福祉―乳幼児期と学齢期のインターフェイス
第9章 Sozialp¨adagogik/社会的教育学から学校福祉論を再考する
補論1 青年期の課題と学校福祉―ユースソーシャルワークの今後
補論2 包摂でデザインする平和な社会―ノルウェーからの学びを通じて

著者等紹介

鈴木庸裕[スズキノブヒロ]
1961年大阪府生まれ。愛知教育大学大学院教育学研究科修了。福島大学大学院人間発達文化研究科(学校福祉臨床領域)教授。日本学校ソーシャルワーク学会、日本生活指導学会、日本社会福祉学会、日本特別ニーズ教育学会、日本教師教育学会、福島県教育委員会スクールソーシャルワーカー・スーパーバイザー、学校心理士スーパーバイザー、ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

31
学校現場にSSWなど福祉職が配置され子どもの深刻化する生活問題に対応することが求めらています。本著では学校から見えてくる生活問題に対して機能するものとして学校福祉概念を掲げ、その有効性について論じられていたと思います。大切な視点ですが、本著全体として教育学(生徒指導論や社会教育)の延長線上に学校福祉という概念が作り上げられていたように思いまいした。また福祉教育概念を用いて主体形成論を学校福祉の領域として捉えられていたように思います。僕は社会福祉の視点からの学校福祉アプローチが必要ではないかと思いました。2018/05/18

かりんとー

4
宮地さつき氏のところが特に面白かった2024/04/14

昌也

0
再読2022/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12681277
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。