岩波新書
忘れられた思想家〈下巻〉―安藤昌益のこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 1冊/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004131427
  • NDC分類 121.59

内容説明

徳川封建制度に対する本格的な批判者としての安藤昌益を発見した著者は、この政治思想家の全貌や当時の思想潮流を的確に描きつつ、世界史的観点からもその独自性を明らかにした。多くの日本人歴史家を瞠目せしめた卓越した史眼と、歴史に埋もれた思想家との出会いを示す古典的名著。

目次

第5章 文章と方法
第6章 理想社會・改革・熱望
第7章 影響と比較

著者紹介

ノーマン,E.ハーバート[ノーマン,E.ハーバート]
1909年‐1957年。1935年ケンブリッジ大学卒業。1939年ハーヴァード大学卒業。元駐日カナダ代表部主席

大窪愿二[オオクボゲンジ]
1915年‐1986年。1937年青山学院文学部卒業。専攻は国際問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

徳川封建制度に対する本格的な批判者,そして最も徹底した民主主義思想家としての安藤昌益を発見した著者は,この政治思想家の全貌や当時の思想潮流を的確に描きつつ,世界史的観点からもその独自性を明らかにした.多くの日本人歴史家を瞠目せしめた犀利な史眼と,歴史に埋もれた卓越した思想家との出会いを示す古典的名著.