岩波新書<br> 母親のための人生論

岩波新書
母親のための人生論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 275p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004121404
  • NDC分類 159.6
  • Cコード C0237

出版社内容情報

「私は赤ちゃん」「私は二歳」の著者が母親へのアドバイスとして執筆した一三○篇の珠玉エッセイ集.「恋愛結婚と見合結婚」「赤ん坊か仕事か」「いいお母さんの条件」「ぐちの効用」「シュウトメの私有財産」「伯父ワーニャ」などの題からもわかるように,人生論,芸術論あり,家庭問題,文化問題ありで,まことに多彩である.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さきん

18
いかにも戦後知識人といった感じで、自由と合理主義を貴ぶ。しかし、フェニミズムや男女平等とは距離を置いていて、男女の違いを認識している上での母親論であった。今でも産休は取るのが難しい。サラリーマンな生活は非常に男性的と言わざるを得ない。2017/11/12

まりん

2
昔の本は言い回しが丁寧でなんか心のざわつきがおさまる。子供の頃、小学校の誰もいない図書館で本に囲まれた時のような安心感。2014/04/01

ymd

1
大学のときに古本で2014/05/20

すずめ

1
60年代の日本の女性は、いかに大変な時代に生きていたかということがわかる本。著者(男性)の目線を介してこそ描かれた、当時の雰囲気がひしひしと伝わってくる。

ヤスコ

1
かなり古い本なのに、今になっても全く改善されていないことも多く、不甲斐なく感じた。2011/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/41958

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。