岩波文庫<br> 相対性理論

個数:

岩波文庫
相対性理論

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2022年01月20日 13時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 187p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784003393413
  • NDC分類 421.2
  • Cコード C0142

出版社内容情報

時空概念を一変させたアインシュタインの相対性理論.その考え方の基本はすべて,最初の論文「動いている物体の電気力学」に述べられている.この論文の邦訳に加え,一般読者の理解のために,原論文の論旨展開を忠実・平易に再現した解説をほどこした.アインシュタインが創出した思考過程にそって相対論が理解できる得難い一冊.

内容説明

時空概念を一変させたアインシュタイン(1879‐1955)の相対性理論。その考え方の基本はすべて、最初の論文「動いている物体の電気力学」に述べられている。この論文の邦訳に加え、一般読者の理解のために、原論文の論旨展開を忠実・平易に再現した解説をほどこした。アインシュタインが創出した思考過程にそって相対論が理解できる得難い一冊。

目次

A 動いている物体の電気力学(運動学の部(同時刻の定義;長さと時間の相対性;静止系から、これに対して一様な並進運動をしている座標系への座標および時間の変換理論;動いている剛体、ならびに時計に関する変換公式の物理学的意味;速度の合成則)
電気力学の部(真空中におけるマックスウェル・ヘルツの方程式の変換、磁場内にある物体の運動に伴って生ずる起電力の性質について;ドップラー現象および光行差の理論;光線のエネルギーの変換則、完全反射する鏡に与える輻射圧の理論;携帯電流がある場合のマックスウェル・ヘルツの方程式の変換;加速度が小さい場合の電子の力学))
B 解説

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のっち♬

117
相対性理論に関する著者の最初の論文『動いている物体の電気力学』の邦訳と解説で、彼の思考過程を伝えることを重点に置いた書。その出発点は時間の定義、同時刻の判定法、長さの測定法といった初歩的なことを再検討して物理学を再構築するというもので、こうした既成概念に囚われない着眼が「絶対静止空間」「光エーテル」「荷電粒子に働く力の分類」などの無用な議論を一掃したのである。x軸と時間軸だけのシンプルな切り口から初等数学だけで公式を導く様は素人目にも洗練された思考力が窺える。原文と解説で使用文字を変更しているのは逆効果。2021/10/11

roughfractus02

12
光速度不変と相対性という2つの指導原理はエーテルの存在を否定したという。が、本書を読むと著者は波なるイメージに依らずに上の2原理に達したようなのだ。その展開はマクスウェルが光を電磁波とし、マイケルソンとモーリーが電磁気学と力学の齟齬を示した後それらを著者が刷新したという歴史の説明ほど滑らかではない。1905年の電磁気学から力学の運動を記述する特殊相対性理論関連の論文を集めた本書は、光速度不変と相対性の原理をローレンツ変換で四次元化し、様々なパラドクスを遍歴していく。一方この時点での時空はまだ等質的である。2022/01/08

壱萬弐仟縁

12
自然科学の基本。大天才。書き始めは時間の概念を定式化することに集中されている。27頁ぐらいから難しくなっていく感じがした。訳者注16は素人にも大事なんだな、と理解される(79頁~)。後半の解説を読まねばならない。常日頃疑問に思っているのは、①北極の氷が溶けたときに地球の自転にどんな変化が起きるか、②その際、どのような気候変動が起きるか、③太陽も変化しているようなので、それが地球の自転や公転に何らかの影響を及ぼすのか、などである。素人の疑問はこんな感じだが、相対性理論でこうした疑問の回答基礎になるのだろう。2013/03/12

弥勒

10
原論文は途中まで読んだが、偏微分のところで、座標の偏微分の仕方がわからず挫折。また、偏微分の意味が「特定の一つの変数のみを動かした場合の関数fの変化の割合」とはわかつてゐたが、ここでの偏微分の意味はわからなかつた。そこで、解説を読むでだいたいの概要をつかむにとどめた。わかつたのは、一般に科学といはれる学問が時間を針の進み具合といふ“もの”としてのみ扱つてゐることと、不思議なことを純粋に不思議なことのままにせず、全てを合理的に説明しやうとする態度である。2015/12/05

ハルカ

7
単品で読んでも数式の占める割合が多くて投げ出したくなること必至かと。でも、目を通した分には論文中のほとんどが簡素な式で成り立ち、さほど込み入った展開も用いていないという印象を与えるのが凄いのかも。光速度不変の原理の下、動く者の速度が光速に近付くほど時間の流れが遅くなる。ということはだ、不動のある地点に向かう際、急ぎ過ぎたために速度が光速に近付き、運動する自分の時の流れが遅れたため、向かうべきある地点の時刻との差異が生じる。2012/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19013

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。