岩波文庫<br> まっぷたつの子爵

個数:

岩波文庫
まっぷたつの子爵

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月23日 14時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 176p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003270967
  • NDC分類 973
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ぼくの叔父さんテッラルバのメダルド子爵は、トルコ軍の大砲の前に、刀を抜いて立ちはだかり、左右まっぷたつに吹き飛ばされた。奇跡的に助かった子爵の右半身と左半身はそれぞれ極端な〈悪〉と〈善〉となって故郷に帰り、幸せに暮らす人びとの生活をひっくりかえす――。イタリアの国民的作家カルヴィーノによる、傑作メルヘン。

内容説明

ぼくの叔父さんテッラルバのメダルド子爵は、トルコ軍の大砲の前に、剣を抜いて立ちはだかり、左右まっぷたつに吹き飛ばされた。奇跡的に助かった子爵の右半身と左半身はそれぞれ極端な“悪”と“善”となって故郷に帰り、幸せに暮らす人びとの生活をひっくりかえす―。イタリアの国民的作家カルヴィーノによる、傑作メルヘン。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

230
砲撃のショックで、善と悪の半身に分けられてしまった男と、それを取り巻く村の大混乱を描く。悪が良くないことは言うまでもないが、善は時として悪よりたちが悪いことが示される。善半身と悪半身はそれぞれ愚行を繰り返すのだが。本書を読んでまず思ったのが、社会主義の善と資本主義の悪。資本主義は強いものが弱いものを従えるという、目を背けたい一面が原動力となって動く。社会主義は、人こそが尊いという善意としか思えない心が原動力となって動く。それぞれが何を生み出したか、善悪だけで割り切るのは難しい。2020/06/15

buchipanda3

122
イタリアの奇妙で寓話的な物語。題名からしておかしな感じ。この題名の訳し方が絶妙で、中身のシニカルさとユーモラスさを上手い具合に表現していると思った。子爵は戦争で体が右半分と左半分の二人に分かれ、一方が悪のみ、もう一方が善のみの心を持つ人物に。善のみというのもバランスが悪く村人たちは翻弄されてしまう。世の不条理さが単純化されて描かれているが、その背景にある人間の複雑さがむしろ強調されて浮かび上がる。いつの時代でも分断が形成されてしまう意味を問う一面も。それらをおかしな物語でさらりと描いていることに感服した。2020/09/03

nuit@積読消化中

112
善と悪がまっぷたつに!…色々考えさせられるテーマの内容でした。そして巻末の訳者による解説にてカルヴィーノの背景を知り、なるほどと本文を読み返してみたり。ページ数で言えばこんな薄い物語の中に深い意味が盛り込まれております。2018/10/03

マエダ

98
’しばらくまえから、自分は縦にまっぷたつにされた人間のことを考えていた’これが作家の感性と言わんばかりで素晴らしい。まっぷたつにされた子爵の善半と悪半、訳もセンスが良くよみやすい。2017/10/18

藤月はな(灯れ松明の火)

68
初陣に気合が入りすぎて大砲に挑んだ事で縦半分に真っ二つにされたメダルド子爵。しかし、彼は手術によって生き残った。「悪」としての片方と「善」としての片方が分裂したまま。「悪」としての子爵も嫌だけど、「善」としての子爵の方がもっと嫌だ。勝手に出奔した挙句、自分の正義を押し付ける姿勢は個人的には反吐が出ます。自由だった癩病院の皆が規範に縛られ、楽しめなくなる姿が痛々しかった・・・。それにしても恐れ慄い、疎んで子爵を腫れ物扱いにする人々に対し、どちらの子爵も叱り飛ばす乳母さんがはいいキャラしている(笑)2017/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11825546
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。