• ポイントキャンペーン

岩波文庫
近代はやり唄集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003120712
  • NDC分類 911.66
  • Cコード C0192

内容説明

「はやり唄」は、明治・大正期の民衆の喜び、哀しみ、怒りの思いを表現して広く愛唱された。街角の唄、寄席の唄、座敷の唄、壮士の唄、書生の唄、ヴァイオリン演歌、劇場の唄、映画の唄の8テーマに分類、127曲を精選して、注解を付した。「カチューシャ」「金色夜叉」「篭の鳥」などの唄は、時代を超えて今なお日本人を魅了してやまない。

目次

街角の唄
寄席の唄
座敷の唄
壮士の唄
書生の唄
ヴァイオリン演歌
劇場の唄
映画の唄

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

54
明治、大正のはやり唄をまとめた一冊。「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉があるが、本書を読むと歌が世相と不可分の関係にあるのがわかる。有名な「宮さん宮さん」から始まり、明治だと「西郷隆盛の唄」とか川上音二郎、大正だと『金色夜叉』や藤村操。歌詞を見ていると何故か聞いた事はないけれども、そこはかと懐かしい感じがする。あと乱歩の「白昼夢」中に歌われている歌が「チリツプ節」である事とか、『ドグラ・マグラ』中にあるのが「カチーシャの唄」だとか、宮沢賢治の詩に引用されてたりとか、文学方面から見てもこの本面白いなあ。2017/05/22

天婦羅★三杯酢

2
神保町はやはり魔都である。本当は別の本の続編を買おうと思って入っただけなのに、いつのまにやらあれこれと買ってしまう。明治大正の、壮士や書生が歌った歌、座敷や寄席、劇場で歌われた歌。それはある種正史からは忘れられた物となっているけど、やはり日本の近代を語るときに欠かせない資料ではあるだろう。わたし的には、たとえば「はいからさんが通る」や「パタリロ!」などに断片的に引用されていた唄をいくつも発見し、それらが決め手となって購入を決めたのである。2016/09/30

bittersweet symphony

0
手塚治虫「陽だまりの樹」やモノノケ・サミット/添田親子関連など、時折目にしたり耳にしたりする明治・大正のはやり唄の歌詞をまとめたもの。編者の方が添田唖禅坊についてかなり批判的だったのは予想していなかった点。2016/10/31

晩鳥

0
明治や大正の唄もいいね。2016/10/20

めっちー

0
明治・大正の流行り歌をジャンル分けして掲載した本。当時の社会情勢がよくわかる。貧しさ、悲恋、芸者の恋等全体的に生きる事の辛さが漂っている。2021/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11164234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。