朝日新書<br> 職場砂漠―働きすぎの時代の悲劇

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
職場砂漠―働きすぎの時代の悲劇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731586
  • NDC分類 366.021

内容説明

成果主義という「武器」を手に部下を襲う上司、M&Aでトップが変わった途端に始まる性急な「改革」…。グローバル化やIT化がもたらした職場環境の激変で、ストレスに押し潰されたサラリーマンが次々に心を病んでいる。人を大切にしなくなった会社で何が起きているのか。「格差」だけが問題なのではない―。

目次

第1章 「いじめ」の構図―上司が牙をむくとき
第2章 M&Aの裏側―グローバル化の本当の意味
第3章 氷山の一角―犠牲者は隠される
第4章 底辺からの叫び―非正規雇用者は訴える
第5章 「誇り」のために―なぜ会社と闘うのか
第6章 「次」にくるものと新「モダン・タイムス」
終章 明日のために

著者紹介

岸宣仁[キシノブヒト]
経済ジャーナリスト。1949年、埼玉県生まれ。東京外国語大学卒業後、読売新聞社入社。経済部で大蔵省、通産省、日銀、自動車・電機業界などを担当し、92年からフリー。雇用、知的財産権、技術開発分野などを中心に精力的な取材を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)