岩波文庫
評論集 滅亡について 他三十篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 374p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003113417
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

作家武田泰淳は、一兵士として中国へ行き、敗戦を上海で迎えた。その時の屈折した心境を日本と中国のちがいに着目してつづった評論「滅亡について」は、泰淳の出発点であるとともに、戦後文学がうんだ記念碑的作品である。生涯、文学者としていかに社会とかかわるかを追求したその文学論・作家論の精髄31篇を収録。

目次

支那文化に関する手紙
勧善懲悪について
中国の小説と日本の小説
魯迅とロマンティシズム
谷崎潤一郎論
井伏鱒二論
玩物喪志の志―川端康成小論
作家の狼疾―中島敦『わが西遊記』をよむ
吉川英治論―業深きなかより
「あっは」と「ぷふい」―埴谷雄高『死霊』について
三島由紀夫氏の死ののちに
作家と作品
私の創作体験〔ほか〕

出版社内容情報

作家武田泰淳(一九一二―七六)は,一兵士として中国へ渡り,上海で敗戦を迎えた.その時の屈折した心境を日本と中国の違いに着目して綴った評論「滅亡について」(一九四八)は,泰淳の出発点であるとともに,戦後文学がうんだ記念碑的作品である.生涯,文学者としていかに社会とかかわるかを追求したその文学論・作家論の精髄三一篇を収録.