岩波文庫<br> 川端康成随筆集

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

岩波文庫
川端康成随筆集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 485p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003108154
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

ノーベル賞講演「美しい日本の私」をはじめ、“あらゆる芸術の極意は、「末期の眼」”と述べた「末期の眼」、日々の素顔を映しだす連作エッセイ「落花流水」、友人への追悼文「横光利一弔辞」など、川端康成(1899‐1972)の珠玉の随筆31篇を収録する。これらは、「伊豆の踊子」「雪国」など川端の小説の背景を知るためには欠かせないものである。

目次

1(末期の眼;ほろびぬ美 ほか)
2 落花流水(行燈;伊豆行 ほか)
3(片岡鉄兵の死;横光利一弔辞 ほか)
4(私のふるさと;芥川竜之介と菊池寛 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

70
歳月を超えて読み継がれる小説とはなにか。ここに書かれるひとびとも、例えば正宗白鳥などは今や研究者にしか読まれていないだろう。それを思うと川端の作品の特異性がよくわかるが、ノーベル賞を受賞したという特権がなければどうだったのかと問われるとセールスの上での断言はできない。どんなに優れた作品であっても、ロングセラーでなければ価値が薄れてしまう難しさを感じた(個々人の価値にとってはその限りではないが)。2019/02/02

HANA

45
川端康成はあまりというか、ほぼ読んだことがないが、随筆を読む限り「美」というのにひたすら拘った作家のように思えた。後、なんとなく線の細さのようなものが、文章のあちこちから見え隠れするような気がするのは著者の最後を知っているからかな。内容は日本の美について語ったものから作家論、日常を描いたものまで幅広く収められているが、一番興味深く読めたのはやはり日本の美の部分、次いで作家論。『伊豆の踊り子』があまりに有名になってからの著者の困惑も面白い。あまりにも有名すぎるので逆に敬遠してた諸作品に手を付けてみたくなる、2014/04/23

やいっち

39
本書については、感想は不要だろう。川端の多様な面を知ってもらおうと編集。「禽獣」再読したくなった。2019/10/21

くみ

23
収録作「美の存在と発見」の冒頭でガラスコップの美しさを綿密に表現している部分がある。この随筆集も様々に反射する光を放つプリズムのようなだと思った。美術、古典を静かに語ると思えば、若い作家への情熱的な推薦文があり、追悼文では作家仲間との思い出をじっくり懐かしむように綴る。そして時折ちらっと見られる茶目っ気が愛らしい。何気なく読み返した自作のマズさに飛び上がったり、見ず知らずの人から「伊豆の踊り子」の人形を送りつけられて「私は返事を書く義務があるのか」と憤慨する様子など、思わず笑ってしまった。2018/10/27

takumi

20
美しい日本語、最骨頂な気がします!文豪たちへの思い綴られてます!2016/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7853032

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。